ママの試練! 「乳頭裂傷」はこうして乗り切る!

column

「乳頭裂傷」ってどんな現象?

「乳頭裂傷」とは、まだ乳首が赤ちゃんの飲みやすい形に適していないときに、赤ちゃんの強力な吸う力によって乳頭が切れたり裂けたりする現象のことです。
初めての授乳の時によく見られ、胸が張る上に乳首も切れてしまい、何とも言いがたい辛い思いをする、出産後初の試練といっても過言ではありません。
しかし辛いからといって、授乳を断念するのはもったいない話です。せっかくの栄養満点の母乳ですから、ぜひ赤ちゃんに飲ませてあげましょう。

授乳しやすくする2つの工夫

乳頭裂傷にならないための方法と、なってしまった時の授乳方法についてご紹介します。

【1】授乳しやすい乳首にする

乳頭保護剤を乳首に塗り、サランラップを巻いて保湿し、乳首を柔らかくさせます。保湿保護することで、授乳しやすい乳首になります。塗り薬は赤ちゃんの口に入っても問題ない成分なので、授乳時でも安心して使用できます。ベビー専門店やドラッグストアなどで購入が可能です。

【2】乳頭保護の乳首をかぶせて授乳させる

これは陥没乳首にも使える方法で、吸われる刺激がダイレクトに乳首を刺激しないので、痛みが軽減します。

それでも痛みに耐えられない時は……

乳頭裂傷は1~2週間で改善しますが、どうしても赤ちゃんに直に吸われる痛みに耐えられない時は、一時的に、乳頭が発達するまで搾乳機を使用して哺乳瓶で授乳するとよいでしょう。乳頭裂傷は乳首の先がケガをしているようなものなので、できるだけ刺激しないことが重要です。

また乳頭マッサージをして乳首をほぐしてあげると、乳頭裂傷の改善は早くなります。保湿剤を塗るついでに、乳頭を軽くつまんで乳頭マッサージをしてあげましょう。

関連商品

リペア二プル(乳首・乳房などのケアにも) 10g

リペア二プル(乳首・乳房などのケアにも) 10g

母乳育児をサポートするスキンオイル。
妊娠中、授乳中のママの乳首・乳房・赤ちゃんのお肌などに。

母乳パッド プレミアムケア 102枚入

母乳パッド プレミアムケア 102枚入

乳首がデリケートなママ・はじめてのママに特におすすめの母乳パッド。
デリケートな乳首を、なめらかシルキータッチでふんわりやさしく守ります。

乳頭保護器 授乳用ソフトタイプ Mサイズ

乳頭保護器 授乳用ソフトタイプ Mサイズ

赤ちゃんの口が直接キズにあたらないよう、乳首を保護します。
乳首を守りながら母乳を与えられます。

このページの上部へ