始まったつわり・・・つわりがひどい時の対処法

column

妊娠すると、襲ってくる「つわり」。
家でゆっくり休めている状態であればいいのですが、外出先で突然襲われると辛いですよね。
つわりは、妊娠5週から始まり、ピークは妊娠8~10週、胎盤が完成する妊娠3~4ヵ月には自然に治る、と言われています。まれに出産直前まで続く場合があります。

つわりの原因ですが、ホルモンの変化によるもの、精神的ストレスなどが考えられていますが、未だに分かっていません。

残念ながら、つわりを治す方法はありません。終わるのを待つしかないのです。
しかし、症状を軽くするコツはあります。どうすれば、症状が軽くなるのか、見ていきましょう。

1.気分が悪くなったら、すぐに休みましょう。

無理をしないことです!

2.お腹が空く前に、こまめに食べるようにしましょう。

胃が空になると、胃酸がでてきて、むかつきを感じやすくなります。
また、食事の間隔があいて、血糖値が下がってくると、吐き気を催します。
低血糖を防ぐためにも、枕元にクッキーを置くなどしましょう。

3.たんぱく質と複合炭水課物炭水化物(米、うどん、その他の麺類、パンなど)をできるだけ取るようにしましょう。

どちらもつわりの予防になると言われています。

4.食欲がなくても、脱水症状を避けるために、水分はしっかり取るようにしましょう。

ミネラル豊富で、水分の吸収がよい、スポーツドリンクはお勧めです。
水分で気持ち悪くなる人は、フルーツや生野菜など、水分が豊富なものを食べるようにしましょう。

5.サプリメントを適度に使いましょう。

つわりがひどくて食べられない、必要な栄養をとれない、と心配であれば、サプリメントは良い選択肢になります。
この時期はなるべく、葉酸、ビタミンB12、B6、ビタミンCを意識的に取ることを心がけてください。葉酸はイチゴやグレープフルーツ、ほうれんそうやブロッコリーに多く含まれています。
つわりでこれらを受け付けられないときは、葉酸が含まれるマルチビタミンのサプリメントに頼ってみても良いでしょう。

6.朝、起き上がる前に軽食をとりましょう

つわりは朝に起こりやすいですよね。
朝に胃が空っぽになっていて、ムカつきが悪くなってしまうのです。 朝起き上がる前にベッドの中で、クラッカーやクッキーなど軽食をとるようにしましょう。

7.体を締め付けず、楽な格好をするようにしましょう。

ブラジャーをつけない、というのも1つの手です。

8.自分の嫌いなものを遠ざけるようにしましょう。

ストレスを少なくすることは、つわりを乗り切るのに大事です。

9.体を適度に動かしましょう。

妊娠中は、ウォーキングやヨガなどの有酸素運動を行いましょう。ストレス解消にもなりますし、気持ちもリフレッシュします。


つわりは、どうしても本人しか分からないつらさです。
パートナーとしっかり話し合って、周囲の協力を得られる環境を整えるようにしましょう。

関連商品

葉酸プラス 60粒

葉酸プラス 60粒

赤ちゃんのすこやかな発育を願う方に。
妊娠中に大切な栄養素、葉酸400μgが一日1粒でとれるサプリメント。
妊娠期に不足しがちな鉄とビタミンB群もとれます。

かんでおいしい葉酸タブレットカルシウムプラス 60粒

かんでおいしい葉酸タブレットカルシウムプラス

手軽に栄養素をとれる、タブレットタイプのサプリメントです。
妊娠期に不足しがちな鉄、カルシウム配合。

Fe+Caクッキー マイルドメープル

Fe+Caクッキー マイルドメープル

妊娠・授乳期に不足しがちな鉄とカルシウムが手軽においしく摂れるおやつシリーズです。
2枚で鉄分5mg(プルーン約25個分)。カルシウム100mg(牛乳約1/2本分)が摂れます。

このページの上部へ