離乳食の始め方

column

赤ちゃんが5、6ヵ月頃になり、
・ 首がしっかりすわっている
・ 体を支えてあげるとお座りの姿勢ができる
・ 食べものに対して興味を示す
・ よだれが多い
・ おなかがすくために、母乳やミルクの間隔が短い
などの兆候がみえてくると、離乳食の始め時です。

始める時期は赤ちゃんの準備が整ってからになりますので、個人差があります。はやく始めないと栄養が足りなくなる、などということはありませんので安心して下さいね。

始めての食事

最初は食べ物に慣れていくために離乳食を始めるので、あまり栄養は関係ありません。食べることを習慣付け、「ごっくん」と飲み込むことができるようにしていきます。
まずは水と同じ位ドロドロのお粥などから始めていきましょう。お米から始めないといけないわけではありませんが、食感や吸収もいいため、日本では一般的です。10倍粥といわれる、お米が1に対して水が10の、ドロドロとしたお粥に慣れていくようにします。

始めは食べさせようとしても、食べてくれないことがあります。これは、スプーンが口にあっていない可能性もあるので、赤ちゃんの口の大きさに合わせた、小さいものを選ぶようにしましょう。

徐々に量を増やしていく

スプーンで、1日大さじ1〜2杯の量から始め、慣れてきたら野菜などをこれもドロドロにしたりすりつぶしたりし、滑らかな状態であげてみましょう。
1週間ほど様子をみて、落ち着いているようであれば、お粥を大さじ4〜6杯程度、野菜や果物も大さじ4杯程度、などと徐々に増やしていきます。

よく食べるからといって最初からたくさんあげてしまうと、もどしやすい赤ちゃんの嘔吐の原因にもなりますので、慌てないようにしましょう。
楽しく赤ちゃんと離乳食を進めていけるといいですね。

関連商品

はじめてのフィーディングスプーン

はじめてのフィーディングスプーン

はじめのひとくちにぴったりです。
赤ちゃんのお口の発育に合っていますので、赤ちゃんの「食べる」「飲む」動きを促すことができます。

ベビー食器セット<ミッキー&フレンズ>

ベビー食器セット <ミッキー&フレンズ>

必要なアイテムをコンパクトにまとめた食器セットです。
耐熱ポリプロピレン製で電子レンジ使用OKです。

このページの上部へ