歯みがきの始め方

column

生まれて間もない、まだ歯が生えてない時期の赤ちゃんも大変かわいいものですが、最初の1〜2本の歯が生えはじめたころの赤ちゃんの笑顔というのはまた、格別に愛らしいものですよね。
同時に、最初の歯が生え始めると気になるのは歯みがき。
いつ頃から歯みがきを始めるのか、やり方はどんな風にしたらよいのかなど、わからないこと、気になることがたくさんありますよね。
今回は、この赤ちゃんの歯みがきについてお話ししたいと思います。

いつから始めるべき?

まず、歯みがきを始める時期ですが、これは生後半年を過ぎ歯が生え始めたら、さっそく開始しましょう。
この頃から1才くらいまでは、口に入るものも母乳やミルク、あるいは離乳食など限られていて、本来、唾液だけで口の中は十分きれいになると考えられています。しかし、まず「口の中に食べ物以外のものを入れて何かをすること」になれる習慣をつける意味でも、この時期に開始することをお勧めします。

最初は何を使えば良い?

最初は本格的な歯ブラシでなく、歯を拭くための清潔なガーゼや、子供用のシリコン素材でできた歯ブラシなどでもよいでしょう。まず、歯みがきのために自分で口を開けられたら第一段階クリアです。
少し大げさなぐらい褒めて、歯みがきは気持ちのいい、楽しいことだということが伝わるようにしましょう。また、回数も最初は、朝晩にこだわる必要はなく、一日一回から始めてもよいと思います。

遊び感覚で歯を磨くことや歯ブラシに慣れさせることが大切ですから、歌を歌ったり、キャラクターが歯みがきをする絵本などを見せたりすることもよいでしょう。

歯磨き粉は付けた方が良い?

歯みがき粉の使用については、焦る必要はありません。きちんと口の中に溜めた水をブクブクして、吐き出せるようになってからで十分です。

歯みがき粉を使用する時期になったら、大人用のものは研磨作用など成分が強すぎる場合がありますので、永久歯が生えてくるまでは必ず子供用の歯みがき粉を選んで使用してあげるようにしてあげてくださいね。
もちろん、完全に自分できれいに磨けるようになるまで、仕上げみがきは必ずしてあげましょう。

プレママの皆さんには、歯みがきなんてずいぶん遠い話のように思われるかもしれませんが、その時は意外と早くやってきますよ。虫歯で歯医者さんにかからなくてすむように、しっかりケアしてあげたいですね。

関連商品

乳歯ブラシ レッスン段階1 グリーン

乳歯ブラシ レッスン段階1 ピンク

歯みがきデビューに。
歯が生え始める6ヵ月頃からの歯ブラシ感覚に慣れていくはじめての乳歯ブラシです。

仕上げ専用歯ブラシ 歯が生え始める頃から

仕上げ専用歯ブラシ 歯が生え始める頃から

歯が生え始める6ヵ月頃からの隙間の多い前歯に適した仕上げみがき専用歯ブラシです。
ブラシはやわらかくてコシのある短い極細毛です。

ジェル状歯みがき

ジェル状歯みがき

歯みがきデビューにオススメの歯質を強化し虫歯の発生及び進行を予防するジェル状歯みがきです。
有効成分フッ素(フッ化ナトリウム)と、食品にも使われる成分でできています。

このページの上部へ