妊婦さんのマッサージケア

column

妊婦さんは、肩こりや腰痛、脚のむくみなどに悩まされることが多いですよね。
そんな時はやはり、マッサージが恋しくなります。
特に妊娠前からマッサージを定期的に自分でしていたり、サロンに通って受けていたりした方は一旦その気持ちよさ、終わった後の身体の軽さに目覚めてしまうとなかなか、妊娠してもあきらめられない方も多いと思います。

でも、やはり気になるのはお腹の赤ちゃんに対する影響ですよね。
直接身体に触れるものですし、マッサージの時の体勢なども気になります。
今回は、妊婦さんがマッサージを受ける時のポイントや注意すべき点についてお話ししたいと思います。

自宅でマッサージをする場合の注意点

まず、ご自宅でマッサージをする場合。
ご主人や他のご家族にしてもらったり、自分でマッサージをしたりする場合も念のため産科の先生に確認をしましょう。また、お腹周りは避け、手足や肩、太ももなどを中心に行うのがよいでしょう。
いつも以上にお腹の張り具合に気を付け、少しでも張ってきたなと思ったら中止します。

ご自宅でのマッサージは子宮の収縮作用のあるツボなどの位置がご自身ではわかりにくいと思いますので、コリやむくみがひどくなってきたなと思ったら、妊婦さんに対する専門的なマッサージを行っているプロの手を借りるといいでしょう。

サロンなどを利用する場合の注意点

マッサージサロンなどを利用する場合は、初期や出産に近い不安定な時期は避け、安定期に利用するとよいでしょう。ただ、一口に安定期といっても妊婦さんにより妊娠の状況は異なりますので、必ず予約をする前に産科の先生に確認し、当日少しでも体調がすぐれないなと思ったらキャンセルする勇気を持つことも必要です。

最近だと、妊婦さん専門のマッサージをしているところでは、妊婦さんに安全なアロマオイルを使用した施術やタイマッサージなど、いろいろバラエティーに富んだサロンがありますので、選ぶ楽しみも味わえるのではないでしょうか。お腹に負担をかけない、安全なサロンを選びましょう。

マッサージ以外の改善法

肩こりや腰痛、むくみなどは、塩分を摂り過ぎないことやカリウムを多く含む食材(バナナやリンゴ、ジャガイモなど)をとること、あるいは姿勢などで改善する場合もありますから、マッサージ以外の方法も併せて試していくといいですね。

関連商品

保湿ボディケアクリーム 120g

保湿ボディケアクリーム 120g

1日1回ケアで、しっとりキープ。
24時間保湿が続く、プレママのための保湿ボディケアクリームです。
チューブタイプ、約1ヶ月分。

保湿ボディケアクリーム 470g

保湿ボディケアクリーム 470g

1日1回ケアで、しっとりキープ。
24時間保湿が続く、プレママのための保湿ボディケアクリームです。
最後まで使えるお得なポンプボトル。
ボトルに内蔵された内袋が縮んで中身を押し出すので、最後まで残さず使えます。

このページの上部へ