おうちで抱っこする時、抱っこひもは使っている?

おうちで赤ちゃんが泣いたり、眠くてご機嫌ななめな時は、やっぱり抱っこしてあげるのが一番!今までイヤイヤな泣き顔だったのが、抱っこをすると少しずつ落ち着いてきて、甘えたようにピッタリくっついてくる様子は、たまらなくかわいいですよね!幸せを感じる瞬間です。

ですが、なかなか泣き止まなかったり、寝たと思ってもベッドに下ろすと起きてしまったりして、おうちで長時間抱っこをしているママ&パパも多いかもしれません。具体的に、どんな時におうちで抱っこをしているのか、聞いてみました!

おうちで抱っこやおんぶするのはどんな時?

「泣いている時」が92%と、ほとんどのママたちが赤ちゃんが泣き出すと抱っこやおんぶをしていました。続いて、「スキンシップ・コミュニケーション」が75.3%、「寝かしつけ」が60.2%と、毎日いろいろなシーンで抱っこをしながら赤ちゃんのお世話をしていることがわかります。

では、どのくらいの時間、赤ちゃんを抱っこしているのでしょうか?「寝かしつけ」の時に抱っこをしていると答えたママたちに、その回数と時間を聞いてみました!

寝かしつけに抱っこをする時間と回数

1日の中で寝かしつけのために抱っこをする回数は、「4〜6回程度」が31.7%、「7〜10回程度」が31.9%で、それぞれ3割以上。「11回以上」抱っこをする人も17%と2割近くを占め、ほとんどのママたちが1日に何度も寝かしつけのために抱っこをしていることがわかります。

また、寝かしつけのために抱っこをする時間は、「6〜20分程度」が60.7%と6割以上!「21〜60分程度」と答えた人も29.9%と約3割もいました。抱っこをする時間と回数をかけ合わせると、かなり長時間の抱っこを1日にしています!抱っこも長時間になると重労働なので、赤ちゃんがスヤスヤと寝入ってくれると、ホッとしますよね。

そんな抱っこの時、ママたちの強い味方となるのが抱っこひも。ママたちは抱っこひもを持っているのでしょうか?また、持っている人はいくつ持っているのでしょうか?

子育て中のママは抱っこひもをいくつ持っている?

抱っこひもを持っている人は98.1%と、ほとんどの人が持っていました!また、「2つ」「3つ」「4つ以上」と複数持っている人を合計すると、56.5%と半数以上。赤ちゃんを抱っこする状況ごとに使い分けたり、ママ用とパパ用を用意したりしている人も多いのかもしれません。

抱っこひもは外出時に使うイメージが強いですが、今まで聞いてきたように、おうちでも抱っこの時間はかなり長くなっています。おうちでも抱っこひもを使っているのでしょうか?

おうちでも抱っこひもを使ったことは?

使ったことがある人が81%と、8割以上がおうちでも抱っこひもを使っていました。そこで、おうちで抱っこひもを使っている人に、どんなメリットがあるのか聞いてみました!

まず多かったのが、「体がラク」という声です。

「抱っこひもを使ったほうが、断然体がラクです!腰の負担が減ります。」

「腰はもちろん、腕、首、肩も、抱っこひもを使ったほうがラクです。」

「赤ちゃんの体重が重くなってきたら、腱鞘炎になってしまいました。長時間の抱っこをする時に、抱っこひもは欠かせません。」

今まで聞いてきたように、ママたちは赤ちゃんを1日に何度も長時間抱っこをしています。抱っこひもがあれば、ママたちの体の負担を減らせますね。

また、抱っこひもを使う大きなメリットのひとつが、「両手が空く」こと。

「上の子の相手をする時に赤ちゃんがぐずったら使います。」

「ぐずっていてもママとくっついていれば落ち着くので、おんぶをしながら別の作業ができます。」

「在宅勤務の時、赤ちゃんが泣いたら抱っこひもを使いながら仕事をしました。」

「抱っこしながら、ちょっとした家事がすませられるので、ストレスが減ります。自分の気持ちも落ち着きます。」

おうちにいても、家事や育児、仕事など、やることは目白押し!それなのに赤ちゃんのご機嫌がななめになった時、手が空く抱っこひもは重宝しますよね♪

ママやパパの負担が減るだけでなく、赤ちゃんにとっても安心、との声も多くありました。

「抱っこひもを使ったほうが、赤ちゃんの寝つきが良いんです。きっと安心するんですよね。」

「密着度が増すので、赤ちゃんが安心するようです。」

また、少しずつ自分で動けるようになると、赤ちゃんは目が離せなくなってきます。少しの時間でも離れるのが不安な時も、抱っこひもは活躍しているようです。

「洗濯物を干す時、赤ちゃんから目を離すのが不安。抱っこひもを使えば、一緒にいられます。」

「赤ちゃんのいる部屋から移動する時、家事をする時、一緒にいたほうがいろいろと安心なので使っています。」

ママたちの声を聞いていると、おうちで抱っこをする回数、時間はとても多いので、抱っこひもを使っている人が多いようです。おうちで抱っこひもを使うと、体がラク、両手が空いて他のことができるなど、さまざまなメリットをママたちは感じているようです。複数の抱っこひもを持っている人も多かったので、外出用とおうち用と使い分けているのかもしれませんね!これから抱っこひもを買おうと考えている人は、おうち抱っこについてのママたちの声も、選ぶ時の参考にしてくださいね。

ベビーザらスを取材!ベビーアドバイザーが語る、出産準備品としての「抱っこひも」推しポイント

関連商品

caboo carrier(カブーキャリア) オーガニック デニムストライプ

caboo carrier(カブーキャリア) オーガニック デニムストライプ

おうちの中で寝ない、泣きやまないときにも、1ヵ月健診などの外出デビューにも、お出かけはもちろん、ご近所の公園やお買い物にも。 柔らか素材で、理想的な姿勢を保ちながら、やさしく包み込む。 おうちの中でも外でも心地よくフィットする、ラップタイプの抱っこひも。

caboo dxgo(カブーディーエックスゴー) カーキ

caboo dxgo(カブーディーエックスゴー) カーキ

シーンに合わせてタテ抱っことおんぶの2種類を使い分けられます。 活発になってきた赤ちゃんを、無理なく正しい姿勢でしっかりホールド。 軽量・優しいフィット感でお出かけもラクラク、腰ベルトタイプの抱っこひも。

このページの上部へ