妊婦帯ってなあに?

妊婦帯には、「おなかを冷やさない」「おなかをささえる」という2つの役割があります。おなかを締めつけず、心地よくサポート。はじめてママも安心のお助けアイテムです。

いつから使うの?

妊娠5ヵ月の戌の日に腹帯を巻いて安産祈願をする「帯祝い」。おなかのふくらみが目立ち始めるこの頃から妊婦帯を使うのが一般的です。

妊婦帯選びのポイント

着け心地や調節機能の有無などによって、様々なタイプがあります。状況やシーンにあわせて自分にあったタイプを選びましょう。

  • 妊娠初期からおすすめ!

    はらまきタイプ

    着脱が簡単でラクな着け心地。はらまきのような筒状で、トイレの時もわずらわしさがありません。ささえ帯タイプとのセット商品もあります。

  • 妊娠中期~後期におすすめ!

    ベルト(ささえ帯)タイプ

    おなかを下からしっかりささえて、腰への負担をサポート。おなかの大きさや体調に合わせてささえ感やフィット感を調節できます。

  • 仕事や外出時におすすめ

    パンツタイプ

    ずり上がることがないので、よく動き回る時に。はくだけで着脱がラク。ささえ感を調節できるタイプや、ショーツなしで1枚ばきできるタイプもあります。

  • 産前にも産後にもおすすめ

    骨盤ベルト

    妊娠期、ホルモンの影響でゆるんでくる骨盤のサポートに。産前から、産後の骨盤ケアまで長く使えます。

妊婦帯の選び方 月齢やシーンごとに、おすすめの妊婦帯の使い方をご紹介

妊婦帯には、形や素材などの違いでいろいろな種類があります。代表的な妊婦帯のタイプと、月齢や生活シーンにあわせた妊婦帯の選び方をアドバイス。はじめての妊婦帯におすすめなのは?仕事や外出の時に便利な妊婦帯は?生活スタイルにあった妊婦帯の使い方をご紹介します。

妊娠中から使える骨盤ベルトの着け方

ピジョン「妊娠中から使える骨盤ベルト」の正しい着け方の動画です。実際に骨盤ベルトを使った妊婦さんや産後ママのインタビューも!

妊婦帯(ベルトタイプ)の使い方、着け方

ベルトタイプの妊婦帯の使い方、着け方を動画でご紹介します。

産前産後マタニティベルトの使い方、着け方

産前産後マタニティベルトの使い方、着け方を動画でご紹介します。

おすすめアイテム

Infomation

Recommendlist

このページの上部へ