ひとり親家庭等医療費受給者証|発言(0)|ちゃちゃさん|2010/08/30 20:41|[8263]
ひとり親家庭等医療費受給者証ってありますよね?

あれって、親の分って 入院のみ有効 と記載されていますよね?
昨年の2月に離婚をして発行されてから滅多に使うことがないんですが、今日古傷の膝の痛みが続いているので整形外科に行きました。

そしたら、レントゲンも撮って注射で水も抜いてヒアルロン酸まで注入してきたのに
『580円になります。』
と言われたんです。
子ども連れで行っていた為、バタバタ病院を出てその後調剤薬局へ行くと湿布が処方されて
『それではお大事に~』
で終了。

あれって通院費はかかるんですよね?
確か去年耳鼻科にかかった時は普通に払ったような気がしたんですが・・・。

ただ私、受給者証と一緒に保険証を入れていてその部分が見えなかったのかも・・・。
病院によって違うって事もあるんでしょうか?

何度か通うことになりそうなんですが、こちらから言うべきなんでしょうかね・・・。

 :0

この発言に対するコメント(3)

投稿順新着順│ツリー表示

ひとり親医療証は…|janis@ねこ☆うさぎさん|2010/08/30 20:57|[8264]
初診料以外は無料になりますよ~。親も子も。

詳しくは市区町村の役所まで問い合わてみて下さい☆

 :0

発言を取り下げました。
ちゃちゃんさん|優有ママさん|2010/08/30 22:02|[8266]
私が住んでる地域は、ひとり親医療証でも無料にはなりません。
1医療機関あたり、月2日を限度に各日500円までの一部自己負担金が発生します。
同一医療機関であれば、同月内3日以降の医療費は無料となります。
調剤薬局での一部自己負担金はかかりません。
また、同じ医療機関でも「医科と歯科」「入院と通院」は別の医療機関扱いになり、それぞれ自己負担が必要です。
一部自己負担金が1人につき、1ヶ月あたり2,500円を越えたとき窓口で支払った自己負担額については、助成対象者1人あたりの自己負担限度額を1ヶ月あたり2,500円とし、2,500円を超えて支払った自己負担額分(保険適用分のみ)については、領収書を持って行って役所で手続きすると差額が返金されます。
大阪府外で医療機関にかかったときは、健康保険証の自己負担額を医療機関に支払い、後日ひとり親家庭医療の一部自己負担金との差額の還付申請をしてください。
健康保険の適用外の費用については、全額自己負担となります。(診断書代、薬のビン代、差額ベッド代など)

 :0

page top