さく乳器はどんな時に使うの?

さく乳器は、母乳育児を
たくさんアシストしてくれる。
あると安心できること、役に立つこと、
すごくいろいろあるんです。

01 出産直後の
授乳間隔が安定しない時、
さく乳器が助けてくれた。

生後18日
おっぱい初心者の私。
なかなかちょうどいいタイミングで母乳をあげられない・・・
赤ちゃんは、そろそろおっぱいを飲んで欲しいのに
寝ちゃってるなんてことも(笑)

そんな時に知ったのが、さく乳器!
母乳をさく乳しておいて、後で飲ませてあげられた

赤ちゃんとおっぱいのリズムを整えてくれる
さく乳器のおかげで、これからも母乳育児が頑張れそう!!

02 おっぱいに傷ができて
痛い時、前にさく乳しておいた
母乳をあげられた。

おっぱいを吸うのに慣れていない赤ちゃん
私の乳首に傷ができちゃった・・・

寂しいけど、しばらくおっぱいはあげられないかな・・・

でもさく乳器があったから母乳はあげ続けられた!
傷が治るまでの間、
さく乳しておいた母乳をあげられたから

冷凍しておいた母乳を見ると
「また傷ができちゃっても大丈夫!」と
心の余裕につながっている

Advice

母乳をストックしておくと、こんな時にも便利です。

03 夜中の授乳、
パパが哺乳びんで
母乳をあげてくれた。

生後1ヶ月
夜中でも2〜3時間おきに
おっぱいを飲みたがる赤ちゃん

ちょっと疲れてきちゃった、って思っていた時…
「ぼくにも何かできることあるかな?」って
言ってくれたパパ
さく乳しておいた母乳を、夜中、
赤ちゃんにあげてもらうことにした

おかげで私はゆっくり休めるし、
「ぼくにも母乳育児ができるんだね!」って
パパも嬉しそう

2人で子育てしてるって実感できて
私も嬉しかった

04 おっぱいが張ってつらい時や余った時、
さく乳してラクになれた。

生後3ヵ月
よくやく赤ちゃんが
まとめて眠ってくれるようになった
でも、おっぱいが張って痛いな…
そうだ、こんな時にはさく乳器!
余った母乳を出してあげると、
おっぱいがとてもラクになった

05 赤ちゃんが飲めなかった時も、
さく乳して母乳を出し続けられた

赤ちゃんの胃ってとても小さいんだって!
おっぱいが出る量より飲める量の方が少ない、なんてことも
だけどおっぱいにはいつまでも新鮮な母乳を作っておいてほしいから
さく乳器を使って、定期的に出し続けておきたいな

06 お出かけの時、
授乳室がなくても母乳をあげられた。

今日は赤ちゃんといっしょにおでかけ♪

でも授乳できそうな場所がないかも…
なんて時も大丈夫!
冷凍しておいた母乳を
保冷バッグで持って来たよ

哺乳びんで母乳をあげられるから
安心しておでかけできた!

Advice

湯せんするためのお湯や容器、おっぱいが張った時のためのさく乳器も一緒に持っていくと安心です。

07 乳腺炎になってしまった時、さく乳器を上手に使って乗り切った。

生後2ヵ月
ガーン!乳腺炎になっちゃった!
赤ちゃんが飲めなくても、
母乳はためずに出しておきたいな
乳腺炎の予防のためにも、
おっぱいのためにも、
母乳はためすぎず、定期的なケアが必要だよね

Advice

お医者さんや助産師さんと相談しながら、上手にさく乳を活用しましょう。

08 おっぱいが吸いにくい形でも
母乳育児が続けられそう。

赤ちゃんが吸いにくそうな乳首の形で悩んでいた私
今日、ママ友にさく乳器のことを教えてもらった
あかちゃんが私のおっぱいに慣れてくれるまで、
さく乳器にアシストしてもらいながら、
焦らずゆっくりと母乳育児を楽しんでいこう♪

09 保育園に預けてからも
母乳を飲ませ続けられた。

赤ちゃんを保育園に預ける時も、さく乳器は心強い味方!
冷凍した母乳を一緒に預ければ、離れていても、
赤ちゃんに母乳を飲んでもらえる
母乳育児って、納得いくまで続けられるんだ

Advice

赤ちゃんと離れている日中は、さく乳器を使っておっぱいを定期的にケアしていきましょう。

10 赤ちゃんと一緒に
退院できなかった時、母乳を届けてあげられた。

小さく生まれてきた赤ちゃん
私が先に退院しても、さく乳した母乳を病院に届けることで、
赤ちゃんに母乳を飲み続けてもらえる
「早く大きくなってね」
願いを込めて、ママはさく乳しています

TOPTOP