ママは今妊娠何週? 36~39週 -(妊娠10ヵ月)

赤ちゃんの様子

赤ちゃんの様子

スタンバイOK! ママやパパに会えるのはもうすぐ

妊娠35~36週になると、肺機能の成熟を示す“レシチン”という物質が急激に増加し、肺の働きが完全に成熟。誕生に備えて肺呼吸の準備が整います。
また腎臓機能もでき、水分がしっかり処理できるようになります。
全身を覆っていた胎脂や胎毛もほとんど消えます。体つきも皮下脂肪が十分につき、新生児らしくなります。 赤ちゃんは、あごを胸につけ、ひざを曲げてお腹に引き寄せて、誕生の日を待っています。
赤ちゃんの重さは、約3,000g(すいか1個分)。身長は約50cmです。

ママの様子

ママの様子

お産の準備ができると、出産の兆候が現れます

赤ちゃんの頭が骨盤の中に下がっていくとともに、みぞおちまであった子宮は、だんだん下がり始めます。そのため胃がスッキリして、食欲が増進するママもいますが、最後まで体重管理はしっかりと! 産道に脂肪がつくと、難産になりやすくなります。
また出産が近づくと、不規則にお腹が張る前駆陣痛や、少量の出血が見られるおしるし、陣痛の前に羊水が流れ出る前期破水などお産の兆候が現れます。これらのサインを見逃さないようにしましょう。とくに妊娠10ヵ月になると、尿モレをするママも増えて、破水との区別がつかないことも。「おかしいな!?」と思うときは、必ず受診しましょう。

生活のポイント

出産・産後の生活について、パパと最終確認をしましょう

いざ出産となると、ママ自身慌ててしまったり、戸惑うパパも少なくありません。
そのため呼吸法や陣痛の痛み逃しなどを、パパと再度、練習しておくと安心です。
また「パパがいないときに産気づいたら連絡はどうするか?」など、大切なことは確認を。産後は、ママの休養が必要です。そのため里帰りしないママは、どの程度パパに協力してもらえるのか確かめておきましょう。
この時期は、いつ、どこで、どんなふうにお産の兆候が始まるかわかりません。万一の場合を備えて、ママ1人での外出は避けたほうがベスト。外出時は、母子健康手帳、健康保険証、ナプキンなどを忘れずに。

このページの上部へ