乳歯ケアの基本、歯みがき

歯みがきは、むし歯予防の一番大事なポイント。
歯が生えはじめたら歯みがきを始めましょう。

乳歯ケアのポイントを動画で解説

歯磨きのポイント

じぶんでみがく

早い時期から歯ブラシに慣れさせることが、歯みがき嫌いにさせないコツ。 歯が生えはじめる生後6ヵ月頃から、歯みがきの習慣づけをスタートしましょう。 自分で持つ歯ブラシは、必ず仕上げ用ブラシとは別に用意します。持たせても安全な工夫がされていて、赤ちゃんの口や手に合ったサイズであることが大切です。 まずは歯ブラシを口に入れるのに慣れることからはじめて、ママも一緒に向かい合って歯みがきをするなど、徐々にみがく動作を教えてあげましょう。 上手に歯ブラシを動かせるようになっても、なかなか汚れは落とせないもの。必ず仕上げみがきをしましょう。

みがいてあげる

● みがきやすい姿勢で
ママのひざに頭をのせてあお向けにする寝かせみがきは、口の中が見やすいスタイル。歯みがきにまだ慣れないうちや、あお向けを嫌がる時は横抱きのだっこみがきで。赤ちゃんの抵抗感が少なくなります。

● 歯ブラシは鉛筆を持つように
短めに持ち、ママの小指を赤ちゃんのあごやほおにあてて手を固定するとみがきやすくなります。

● 歯に直角にあてて、細かく一本ずつみがく
歯ブラシの毛先を使って振動させるように。強くみがきすぎるのはNG。ママの手の甲で力加減を試してみるといいですね。

● 赤ちゃんの口に合った歯ブラシで
ヘッド部が大きいもの、毛がかたいものは避けて。痛かったり歯ぐきを傷つけたりして、歯みがき嫌いの原因に。毛足が短くてやわらかく、ヘッドの厚みが小さいものを選びましょう。

● 歯みがき剤は少量で
たくさんつければ効果が高まるわけではありません。ごく少量で十分です。

歯みがきイヤイヤ対策は…

無理にみがいたり、痛くされると、歯みがきが嫌いになってしまいます。
歯みがき嫌いになってしまってから、それを直すのは大変。生えはじめの早い時期から、歯みがきは楽しい、気持ちいいものだということを教えてあげましょう。
大人の歯みがきを見せたり、ぬいぐるみの歯をみがく遊びや歯みがき絵本を見せたりと、楽しい雰囲気作りを心がけて。
みがく時にも、必死になりすぎずリラックスできるように。痛くないように、赤ちゃんの口に合った歯ブラシを使うことも重要です。

歯みがきを嫌いにさせないためには、赤ちゃんの口に合った歯ブラシで早い時期から歯みがきの習慣づけをすることが大切です。

じぶんでみがくトレーニング 親子で乳歯ケア「乳歯ブラシ」

赤ちゃんの成長に合わせた3段階のブラシでステップアップ
その時期の歯の状態や発達段階に合っているから、持ちやすくて安全、お口に入れても痛くない。
だから歯みがき嫌いにならず、スムーズに歯みがきのトレーニングができます。

レッスン段階1:お口の中に歯ブラシを入れる練習

6~8ヵ月頃
前歯が生え始める頃から

レッスン段階2:みがく感覚と動作の練習

8~12ヵ月頃
前歯が揃い始める頃から

レッスン段階3:奥歯まできちんとみがく練習

12ヵ月~1才頃
奥歯が生え始める頃から

レッスン段階4:自分でしっかりみがく練習

1才6ヵ月頃~3才頃まで
奥歯が揃い始める頃から

このページの上部へ