歯が生え始めたら、乳歯ケアがスタート!ママたちのお悩みとは?

個人差はありますが、生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃんに最初の歯が生えてきます。あーんとお口を開けると見える小さな小さな歯はとってもカワイイですよね。最初に生えるのは永久歯に生え変わる乳歯ですが、乳歯がむし歯になると永久歯にも影響があるため、生え始めた頃からしっかりケアをすることが大切だと言われています。ママたちはどのくらい、乳歯のケアに関心を持っているのでしょうか?

乳歯ケアの関心

99.3%のママが「関心がある」と答えていて、ほとんどのママが赤ちゃんの小さな歯を守りたい!と考えているんですね!乳歯ケアは、最初の歯が生えたらスタートして、まずは食べ物以外のものが口の中に入ることに、赤ちゃんが慣れることが大切。さまざまな乳歯ケアグッズがありますが、ママたちは何を使っているんでしょう?

乳歯ケアアイテム

89.3%と、9割近くのママが赤ちゃん専用の乳歯ブラシを使っています。乳歯ブラシは、赤ちゃんが歯ブラシをつかんで口に入れるため、成長段階に合わせたタイプがあったり、口の中に入れても歯や歯ぐきを傷つけない工夫があったり、安心して赤ちゃんに歯ブラシを持たせることができますよね。

一方、仕上げブラシを使っているママは51%と半数程度。仕上げブラシは、ママやパパが赤ちゃんの歯をみがいてあげるためにつくられた歯ブラシで、小さな歯やすき間の多い歯でも、やさしく、しっかりみがける乳歯ケアグッズです。意外に使っているママは少ないようですが…!?

お悩み

乳歯ケアの悩みを聞くと、「子どもの歯がきちんとみがけているか自信がない」ママが72.9%も!確かに赤ちゃんの口も歯も小さくて、しっかり歯の裏側までみがけているのかしら?歯のすき間は大丈夫かしら?と不安になってしまいます。 そんな不安を解消するのが、まさに先ほど半数程度のママしか使っていなかった仕上げブラシ!コンパクトヘッドとカーブネックで小さな歯にもしっかり届き、やわらかくてコシのあるブラシなので、赤ちゃんも嫌がりません。

また、赤ちゃん用歯みがきは、歯質強化やむし歯予防に役立つフッ素やキシリトールなどの成分が入っているものを使うと安心。生えはじめのころは、発泡剤無添加で泡立たないタイプのジェル状歯みがきなどがオススメです。 乳歯ケアは、一生続く歯のケアの第一歩。しっかりみがいて丈夫な歯にするために乳歯ケアグッズの力を借りて、赤ちゃんと一緒に楽しみながら毎日続けていきましょう!

関連商品

乳歯ブラシ レッスン段階1 ピンク

乳歯ブラシ レッスン段階1 ピンク

歯みがきデビューに。
歯が生え始める6ヵ月頃からの歯ブラシ感覚に慣れていくはじめての乳歯ブラシです。
のどを突かない安全プレートつきです。

仕上げ専用歯ブラシ 歯が生え始める頃から

仕上げ専用歯ブラシ 歯が生え始める頃から

歯が生え始める6ヵ月頃からの隙間の多い前歯に適した仕上げみがき専用歯ブラシです。
レッスン段階1と一緒に使うことで、赤ちゃんが嫌がりにくくなります。

乳歯ブラシ ママとしっかり仕上げみがきセット

乳歯ブラシ ママとしっかり仕上げみがきセット

歯が生え始める頃からママ、パパとしっかり仕上げみがきができる乳歯ブラシレッスン段階1と歯が生え始める頃からの仕上げ専用歯ブラシのセットです。

ジェル状歯みがき キシリトールの自然な甘さ

ジェル状歯みがき キシリトールの自然な甘さ

歯みがきデビューにオススメの歯質を強化し虫歯の発生及び進行を予防するジェル状歯みがきです。
キシリトールの自然な甘さで、お子様が嫌がらずに使用できます。

このページの上部へ