敏感肌・乾燥肌
ママと赤ちゃんに

赤ちゃんに必要なスキンケアって?

大人と違い、デリケートな赤ちゃんのお肌。肌トラブルを起こさないために大切なのが毎日のスキンケアです。

赤ちゃんのお肌の特長って?

皮フが薄い

赤ちゃんの皮フの厚さは大人の約半分。そのため、バリア機能が未熟で、外部からの刺激にとても敏感です。

たくさん汗をかく

赤ちゃんの体は小さくても汗腺の数は大人と同じ。その上、新陳代謝が活発なので、汗や垢で皮フが汚れやすいのです。

皮脂が少ない

新生児期は一時的に皮脂の分泌が活発になりますが、生後2〜3ヵ月頃からは急激に皮脂の分泌量が少なくなり、肌が乾燥しやすくなります。

この3つの理由から、
赤ちゃんには肌トラブルが
起こりやすいといえるのです。

保湿で肌表面を整え、外部刺激によるダメージを防ぎ、皮フをすこやかに保つスキンケアが必要です。

赤ちゃんの毎日の保湿にはフィルベビー ミルクローション

保湿が必要な理由

赤ちゃんの皮フのバリア機能はもともと弱い状態なので、肌あれや乾燥などの皮フトラブルが生じやすいのです。

皮フトラブルがあるお肌においては、角層の構造が乱れ、皮フ内から水分も蒸散しやすく、外部から異物が侵入しやすい状態になります。

肌トラブルを未然に防ぐためには、「洗浄」「保湿」「保護」の毎日のスキンケアが大切です。特に、新生児期からの適切な保湿は、肌のバリア機能を助け、肌を健康に保つために重要といえます。

保湿が足りないと感じたら

1保湿の回数を増やしてみましょう

肌の乾燥が続く場合には、スキンケアを行う回数を増やしてみましょう。肌の調子が良くなる場合もあります。

おふろ上がりの1日1回のスキンケアで良くならない場合は、朝のお着替えの時にもう1回増やしてみるなど、複数回保湿を試して様子を見てあげてください。

2保湿剤はたっぷりと

ローションなどの保湿剤を塗る量の目安としては、肌がテカる位バシャバシャと塗ってあげるのが理想です。塗った後に肌にティッシュがくっつく位が目安です。たっぷり目が基本です。

スキンケアの使い方ステップ

「洗浄」「保湿」「保護」のスキンケアの3ステップが、肌トラブルを未然に防ぐために大切なプロセスです。

フィルベビースキンケアシリーズを使った、ステップをご紹介します。

1「フィルベビー ベビー全身泡ソープ」で洗ってあげましょう。

余分な皮脂や汚れがたまりやすい部位(顏や首、腕、脚のしわ、指の間)も丁寧に洗います。

洗った後はしっかり泡を流します。洗浄成分が残らないように、きれいに洗い流しましょう。

デリケートなお肌をこすらず洗えるフィルベビー ベビー全身泡ソープ

2おふろ上がりに水分をしっかりふき取り、全身を「フィルベビー ベビーミルクローション」で保湿します。

顏や首、腕、脚のしわ、指の間まで、しわがある部分はしわを伸ばしてしっかり保湿しましょう。

赤ちゃんの毎日の保湿にはフィルベビー ミルクローション

3特に乾燥する場所などは「フィルベビー ベビークリーム」でうるおいをプラス。

しっかり仕上げたい場所にもぬってあげましょう。

特に乾燥する場所にはフィルベビー ベビークリーム
  • 最大30%OFF!お得&嬉しい特典!

ピジョン研究員が着目した
「フィラグリン」とは?

フィラグリンは肌の内側に存在するたんぱく質。乾燥から肌を守るために肌本来が持つバリア機能をサポートし、保湿に重要な役割を果たします。

ピジョンは独自の肌研究でフィラグリンに着目し、ぷるぷる・もちもちの赤ちゃん肌をサポートします。

ピジョン中央研究所 研究員

ベビースキンケアコラム

種類がたくさんあって迷ってしまう赤ちゃん向けスキンケア商品。その使い分け方とは。

詳細を見る
最大30%OFF!お得&嬉しい特典!