どうして必要なの?/赤ちゃん用洗たく洗剤

大人と比べてデリケートな赤ちゃんのお肌。
毎日身につける肌着だからこそ、余分な成分が付かないものでお洗たくを。

赤ちゃんと大人の肌との違い

赤ちゃんの皮フは、大人の皮フの約半分の薄さと言われています。
そのため、ちょっとした刺激でも角質層がはがれ、バリア機能が低下してしまいます。
また新生児期は特に新陳代謝がさかんで、汗をたくさんかきます。だから、こまめなケアが必要なのです。

赤ちゃんと大人の肌との違いイラスト
肌にやさしい赤ちゃん用
洗たく洗剤を使おう

赤ちゃんの肌に直接触れる衣類やタオルを洗うときには、デリケートなお肌のために、赤ちゃん用の洗たく洗剤を使ってあげるのがおすすめです。

赤ちゃんイラスト

赤ちゃん用洗たく洗剤と一般用の洗剤の違い

肌への刺激を考えた洗剤

洗たく洗剤には、界面活性剤というものが含まれており、これによって汚れを落とすことができます。
一般的に赤ちゃん用洗たく洗剤は、一般用洗剤よりも界面活性剤が少なく作られています。
衣類に残った洗剤は、赤ちゃんの肌を刺激してしまう原因になりますので、赤ちゃん用洗たく洗剤を使ってあげましょう。
その他にも、赤ちゃんの肌に刺激になる可能性がある、「着色料」や「蛍光増白剤」などの余分な成分が入っていないのが赤ちゃん用の特長です。

赤ちゃん特有の汚れに強い

肌にやさしく作られた洗剤ですが、うんちや食べこぼしなどの赤ちゃん特有の汚れもしっかり落とせる洗剤です。

赤ちゃんの洗たく用洗剤 トップページへ戻る
このページの上部へ