赤ちゃんの食物アレルギー予防にスキンケア?!その理由や予防方法とは【小児皮膚科医解説】

最近は食物アレルギーの研究が進んで、肌が食物アレルギーの発症と関係があることが分かってきたそうです。そこで今回は神奈川県立こども医療センター皮膚科部長の馬場先生に、食物アレルギーが起こる仕組みと予防方法について教えていただきました。

荒れた肌が食物アレルギーを引き起こしやすくする理由

長年の研究により、肌のバリア機能が低下したことにより食物アレルギーが起こることが分かってきました。これは、肌には付着した食べ物などを体内に入れないためのバリア機能がありますが、乾燥肌や湿疹、アトピー性皮膚炎など炎症が起こっている肌ではこの機能が壊れているからです。

肌のバリア機能が低下していると、食物アレルギーが起こりやすくなる仕組みは次のとおりです。

人間は、口からものを食べるとアレルギーを抑制する方向に働き、取り込んで消化する力が備わっています。食べ物は栄養面で必要なものなので、免疫反応が起きないようになっているのですね。しかし、肌から食べ物の成分、ダニ、ホコリ、花粉、動物の毛などのアレルゲンが体内に入ってくると、体はそれらを「危険なもの」とみなし、抗体を作って免疫反応が働きます。

抗体ができた状態でその食べ物を食べると、体は危険を排除しようと激しく反応します。これが食物アレルギーの症状です。

離乳食を遅らせると食物アレルギーのリスクを高める可能性も

かつては「離乳食の開始や与える食べ物を遅らせると予防になる」などと考えられていましたが、最近では遅らせても予防にならないことが分かっています。また、むしろ遅らせることで食物アレルギーになるリスクを高めてしまう可能性があります。

前述したとおり、肌から体のなかに外部の物質が入って体がそれらを「危険なもの」とみなした状態で、その食べ物を口から食べることでアレルギーが発症します。つまり、離乳食を遅らせるということは、口から食べるよりも前に肌から体に入る機会を増やしてしまう可能性があるのです。

食物アレルギーの症状が出ていない赤ちゃん、湿疹やアトピー性皮膚炎などのトラブルを経験していない赤ちゃんは、通常どおりに離乳食を開始するのがよいでしょう。肌トラブルがある場合、また、気になることがあれば医師に相談してください。

肌のバリア機能を助けることが食物アレルギー予防に

肌のバリア機能が低下していると、食物アレルギーが起こりやすくなるとお伝えしました。では赤ちゃんの肌のバリア機能を助けるにはどうしたらいいのでしょうか。

赤ちゃんの肌は大人の肌の半分の厚さしかありません。そのため外からの侵入を防ぐバリア機能が未発達。また、水分を保つ力も弱く乾燥しやすいため、カサカサしたり湿疹が起こったりしやすいなどの特徴があります。

とくに現代の環境は先進国を中心に生活様式の変化で乾燥しやすくなっています。気密性の高い住居環境にエアコンの利用で空気は乾燥しやすく、アレルゲン物質が環境中に増えている状態です。

そこで、毎日保湿剤などを塗って赤ちゃんの肌を保湿することが大切です。荒れていないようにみえる肌でも、さらさらしているということは乾燥しているということ。しっとりすべすべした肌が理想なので、保湿ケアをして赤ちゃんの肌のバリア機能を助けてあげましょう。

「洗ったら保湿する」のが正しいスキンケア

赤ちゃんの正しいスキンケアは「きれいに洗って保湿する」と覚えておきましょう。

体を洗う際は、肌の表面についた汚れやアレルゲン物質を洗い流しつつ、バリア機能を壊さないように洗うのがポイント。そのためよく泡だてた泡を手のひらに乗せてやさしくなでるように洗ってください。

洗ったあとは皮脂も一緒に落ちてしまうので、お風呂から上がって15分以内ぐらいに保湿剤を塗りましょう。赤ちゃんの体に点々と保湿剤を置いてから塗り広げ、塗ったあとテカテカするぐらいにたっぷり塗ることを心がけてくださいね。

まとめ

食物アレルギーの予防には、肌のバリア機能を助けるよう保湿ケアをしてあげることが大切です。赤ちゃんの湿疹が治らない、肌に傷があるなどの場合は病院を受診して薬で治療して、しっかり治したあとに保湿ケアを始めてください。保湿ケアで赤ちゃんの肌をいい状態を保ち、食物アレルギー予防につなげましょう。

馬場直子
神奈川県立こども医療センター皮膚科部長、横浜市立大学皮膚科臨床教授

1983年滋賀医科大学医学部卒業、1994年横浜市立大学皮膚科講師を経て、神奈川県立こども医療センター皮膚科部長、2015年より横浜市立大学皮膚科臨床教授を兼務。日本皮膚科学会専門医。専門分野は小児アトピー性皮膚炎、母斑、血管腫、皮膚感染症など小児皮膚科学全般。

一覧に戻る

GUIDE 1人ひとりに合ったスキンケアを ベビースキンケアガイド

皮膚科医監修 気になる疑問にぴったり!赤ちゃんのかんたん&肌診断 おすすめアイテム アドバイス