GUIDE 赤ちゃんに触れるものは
やさしいものでそろえよう

お着替えやおむつ替えだって、お肌に触れる育児。そんな時のおすすめアイテムについてご紹介します。

はじめて身につける肌着や
お洋服洗剤にも気を使いたい!

赤ちゃん用の洗剤は大人用と違い、一般的に着色料、漂白剤、蛍光剤などが添加されていません。

なぜ大人用と成分が違うかというと、赤ちゃんの肌はバリア機能が弱くデリケートなので、洗濯後、洗剤の成分が衣類に残留して赤ちゃんの肌に触れてしまったときに、赤ちゃんの肌がかぶれたりするのを防ぐためです。

赤ちゃんの肌にやさしい洗剤を使用してデリケートな肌を守ってあげたいですね。

洗たくものはふわふわに
仕上げたいけど、
柔軟剤は使ってもいいの?

基本的には柔軟剤を使用するのは問題ありません。

柔軟剤を使うメリットとしては、衣類やタオルがやわらかくなって肌触りがよくなることや、花粉やほこりが付着しにくくなって肌によい場合があることです。

ただ、柔軟剤の成分によっては赤ちゃんの肌にあわず、かぶれてしまうこともあるので、赤ちゃんの肌の状態に合わせて使用を続けるか判断することが大切です。

赤ちゃんの衣類洗剤についてもっと詳しく 赤ちゃんの衣類をお洗たく ピュア
#世界一幸せな洗濯「水通し」特集 #世界一幸せな洗濯 いよいよ赤ちゃんを迎える初めての準備を応援! produced by ピュア

おむつ替えの時も、何か
お肌にしてあげた方がいい?

おむつの中はとてもムレやすく、デリケートな赤ちゃんのお肌はかぶれてしまうことがあります。赤ちゃんの柔らかいお肌をきれいな状態に保ってあげるためには、おむつ替えの時もお肌のケアは大切です。

おむつはこまめに替えて、おしりふきはお肌の状態によっては、柔らかさ、保湿成分も気にして選んであげてください。

おしりふきについてもっと詳しく 優しいふき心地にこだわった ピジョン おしりナップシリーズ
肌あれを防ぐ
ももの葉エキス配合スキンケアを見る
ももの葉シリーズ
公式オンラインショップ

GUIDE 1人ひとりに合ったスキンケアを ベビースキンケアガイド