覚えておくと便利 スキンケアのコツ&おふろの入れ方

基本のケアは3つ。
その3つをこまめにしてあげることがスキンケアのコツです。
汚れやすい部位やタイミング、ケアのポイントを覚えておけば安心!

赤ちゃんのお肌のための3つの基本ケア

この3つの基本ケアを、こまめにしてあげましょう。
「清潔・洗浄」だけでなく、きれいなお肌を「保湿・保護」することが肌トラブルを防ぐポイントです。

清潔・洗浄 → 保湿 → UVケア

赤ちゃんのカラダ・特に汚れやすい部位とケア

赤ちゃんのカラダは全身をきれいに洗い、保湿・保護をしてあげるのが基本ですが、
特に汚れやすい部位とケア方法を覚えておきましょう。

  • 1

    耳の裏側は汚れやすいので、おふろできちんと洗いましょう。耳掃除はおふろ上がりにベビーオイルなどでさっとケアを。見えるところだけ、気になった時だけでOKです。

  • 2

    汗をよくかき、くびれに汚れがたまりやすい部位です。あせももできやすいので、こまめに汗を拭き取って、ベビーローションなどでケアを。あせもが気になる時は、あせも対策ベビーローションも◎。

  • 3 ひじ・ひざ

    乾燥しやすく、トラブルも起こりやすい部位。おふろできちんと洗い、ベビークリームでしっかり保湿を。

  • 4 腕や足のくびれ

    くびれ部分は、実は汚れがたまりやすい部位。おふろで忘れずに洗って、ベビーローションなどで保湿ケアも。

  • 5 おしり、性器

    排泄物にさらされ、しかも長時間おむつをあてているため、トラブルが起きやすい部位です。こまめなおむつ交換をし、清潔に。肌あれが気になる時は、ベビーローションやベビーオイルなどでケアを。

  • 6 頭皮、髪の生え際

    汗と皮脂の分泌が盛んな場所です。皮脂が固まりかさぶたのようになることも。ベビーソープやベビーシャンプーでしっかり洗いましょう。

  • 7 お口まわり、ほっぺ

    よだれ、お乳、食べこぼし、涙、鼻水などで汚れやすい部位。汚れたら、こまめに、やさしく汚れをふきとり、ベビーオイルなどで仕上げのケアを。

  • 8 脇下

    汗腺が多いので汗がたまりやすく、冬でもあせもができやすい部位です。あせもが気になる時は、あせも対策ベビーローションなどでケアを。

  • 9 おへそ

    汚れがたまっている時は、おふろ上がり、綿棒にベビーオイルをつけて、表面をさっとなでるようにケアを。デリケートな部分なので、やさしく、汚れが気になる時だけでOK。

スキンケアのタイミング~こんな時に、スキンケア

特にこんな時が、ケアのタイミング。
忙しい育児中だけど、さっとこまめにケアするクセをつけておきましょう。

  • 授乳や食事のあとに

    おっぱいや食べ汚しをそのままにすると、お口まわりの肌トラブルの元になります。湿らせたやわらかい布で、やさしく拭き取りましょう。清潔にしてから、オイルなどを塗って肌の保護をするとよいでしょう。

  • 入浴後はしっかり保湿を

    1日1回はベビーソープで洗い、体の汚れを落とします。ただし、洗った後そのままにすると、バリア機能はさらに低下してしまいます。入浴後は肌の水分が蒸発し、いつもより乾燥状態に。必ずローションやクリームなどで保湿しましょう。

  • 汗はそのままにしない

    肌にとっては汗も刺激物。かいた汗は放置せず、こまめに拭き取りましょう。通気性と吸水性に優れた肌着を着せ、汗をかいたら着替えを。暑いときは、シャワーなどで汗を洗い流すとよいでしょう。その際も保湿を忘れずに。

  • おむつ替えをこまめに

    うんちやおしっこは、肌にとって刺激物となり、拭き残しは大敵です。おむつはこまめにとりかえ、排泄物はしっかり拭き取ります。ごしごしこすると肌に刺激となるので、おしりふきなどでやさしく拭き取り、その後に保湿をしておくとおむつかぶれの予防になります。

パパにもできる!赤ちゃんの上手な洗い方

たとえ、一日中ねんねしている赤ちゃんでも、新陳代謝が盛んで汗や皮脂で肌が汚れています。
おしりまわりの清潔のためにも、毎日の入浴はかかせません。

きれいにしてあげるための、基本の洗い方をご紹介。生後1ヵ月まではベビーバスで!

  • 1 準備

    <用意するもの>
    ・バスタオル ・ベビーバス ・洗面器 ・湯温計 ・体を洗う柔らかいミニタオル ・泡ソープ、泡シャンプー ・ローションまたはクリーム
    • ●お湯の温度を確認。
    • ●洗面器に上がり湯を用意。
    • ●着がえやおむつも用意しておきましょう。
  • 2 赤ちゃんをベビーバスへ

    • ●赤ちゃんの体温やごきげんをチェック。
    • ●赤ちゃんの服を脱がせて裸にする。
  • 3 泡シャンプーを手に取り、頭を洗います

    • ●赤ちゃんの頭を支え、手に取った泡シャンプーで頭を洗います。
    • ●頭を洗うときは、つめを立てず、指の腹を使って。
  • 4 顔・身体を洗います

    • ●赤ちゃんの表情を見ながら、泡ソープを手に取ります。手のひらに適量を取り、手でにぎりながら、やさしくすべらせるように使います。
    • ●胸・おなかを洗いましょう。
    • ●首やわき、足首のくびれなどは、しわを伸ばして。
    • ●おへそはやさしく、手のひらを忘れずに。
  • 5 背中・おしりを洗います

    • ●赤ちゃんを、ゆっくりうつ伏せに。
    • ●背中、おしりを洗います。おしりは念入りに。
    • ●あお向けにもどして股間を洗います。
    • ●全身をお湯につけて流し、仕上げにきれいな上がり湯を。
  • 6 身体を拭きます

    • ●バスタオルにくるみ、押さえるようにして全身の水分を拭き取ります。
    • ●しわの間も忘れずに。
    • ●汗が引いてから服を着せましょう。
    • ●おふろ上りにローションやクリームで、保湿しましょう。