ベビーカーでお出かけして「困った!」のはどんな時?

毎日のお買い物や公園へのお散歩など、赤ちゃんと一緒の外出の時の大事なパートナーとなるのが、ベビーカー。毎日のように出番があり、大切な赤ちゃんが乗るものだからこそ、選ぶ時は慎重になりますよね。そこで、選ぶときの参考にしてもらおうと、先輩ママたちが普段ベビーカーを使っていて困ったことを聞いてみました!

第1位 段差

ママたちがベビーカーを使っていて「困ったこと」第1位は【段差】で、なんと64.5%のママが「困った!」と嘆いています。

ふだんは気づかなくても、ベビーカーを押してわかることは、道路には段差がたくさんあるということ!歩道と車道の小さな段差も、普通に歩いている時は気にもなりませんが、ベビーカーだと乗り越えられずに止まってしまうことがよくあります。ガツン!と止まるとママも驚きますが、乗っている赤ちゃんもガクン!と衝撃を受けていて、思わず心配になってしまうことも…!

第2位 狭い場所での通行

続いての第2位は【小回り】で、57%のママが「困った!」経験アリ。狭いお店に買い物に行くと、通り抜けるのに苦労することがあるんですよね。なんとか通り抜けようとするのですが、モタモタしていて他のお客さんを“通せんぼ”してしまい、焦るほどに時間がかかり、背中にタラ〜っと冷や汗が出ることも…お買い物はスムーズにスイスイと済ませたいものです!

第3位 デコボコ道の振動

第3位は【デコボコ道】(49.4%)。段差もそうですが、荒れた道路や砂利のある道でベビーカーを押していると、手に振動が伝わります。ママの手ですらこんなに振動があるのに、赤ちゃんはどんなに乗り心地が悪いだろうか…と、気になります。先日も、荒れた道でベビーカーの赤ちゃんが泣いているのを見かけましたが、乗り心地が悪くてご機嫌斜めになってしまったのかなぁ…と心配になりました。

第4位 荷物をたくさん載せられず不便

そして、第4位は【荷物】(42.2%)!ベビーカーでお買い物に行くようになって初めてわかったのですが、ベビーカーは重要な荷物運びの戦力!おむつやミルクなど、赤ちゃん用品はかさばるので、ベビーカーはたくさん荷物が載せられるほど便利なんです。お買い物ではない時も、赤ちゃん連れのお出かけは荷物が多くてかさばるもの。荷物が載せられないと、本当に不便なんですよ〜!!

ママたちのベビーカーの「困った!」の声、いかがでしたか?これからベビーカーを選ぶ方は、これらのポイントが困らないように工夫されているか、ぜひチェックして選んでくださいね。「困った!」を解消してくれるベビーカーならば、赤ちゃんとのお出かけがもっと楽しくなります♪

関連ページ

Runfee(ランフィ)カラーバリエーション

押しやすい大径16.5cmのシングルタイヤ搭載のベビーカー、Runfee(ランフィ)。
狭い場所もクイッと動かせてスイスイ進めるシングルタイヤは、街中の段差もスムーズに乗り越えられる。街乗りに必要な機能を磨き上げ、ベビーカーの理想をデザインしたピジョンの答えです。
初めての道も、私らしく、スムーズに。

Runfee(ランフィ) ライム&ブラック

ライム&ブラック

Runfee(ランフィ) デイジーブルー

デイジーブルー

Runfee(ランフィ) ダリアレッド

ダリアレッド

Runfee(ランフィ) ラベンダーネイビー

ラベンダーネイビー

このページの上部へ