妊娠したら、ブラジャーも変わる?マタニティブラの購入時期は?

赤ちゃんを妊娠すると、大きく変わる女性の体。妊娠初期は、つわりなどの体調変化とともに、おなかが大きくなる前にバストの変化を感じた人が多いのではないでしょうか?妊娠・授乳期用のマタニティブラは、補正機能やホールド機能がしっかりした普通のブラとは違って、デリケートな時期にあわせて、締めつけ感が気にならない形、肌あたりがやさしい素材、授乳しやすい機能など、さまざまな工夫があります。 そんなマタニティブラを、いつ頃購入するプレママが多いのでしょうか?

約70%が妊娠6ヵ月までに購入!

マタニティブラを妊娠中に購入したプレママはなんと97%以上!もっとも多かった時期は妊娠5ヵ月で、早い時期から購入しているプレママが多いんですね!

締めつけが気になって買った人が多い!

マタニティブラを購入したきっかけについて聞くと、「それまでのブラの締めつけ感が気になって」が、65.1%でトップ。ホールド力の強い普通のブラを着けていると、締めつけられるような感覚が気になるようです。 この「締めつけが気になる」感覚は、とても重要で正しい感覚。妊娠すると女性の体は出産に備えていろいろな準備を始めますが、バストも同様。母乳育児に備えて乳腺が発達してくるので、その発達を抑えつけないためにも、早い時期からマタニティブラに変えてバストを締めつけないことが大切なのです!

では、マタニティブラを購入するときには、プレママたちはどんなポイントを重視したのでしょうか?

締めつけないのが重要!

出産後も使うことを考えて「授乳しやすい」が86.1%でトップ。僅差で「締めつけ感がない」を重要視したプレママが81.2%と8割以上も!やはり購入のきっかけが「締めつけが気になって」と感じたプレママが多いので、着け心地は購入の重要ポイントになりますよね。

マタニティブラは、仕事などの外出時に向いたフィット感のあるものから、ゆったりとしてリラックスできるものまで、さまざまな種類があるので、TPOに分けて購入するのもおすすめです。妊娠がわかったら早めにマタニティブラに切り替えて、快適なマタニティライフを過ごしてくださいね!

関連商品

助産師さんと考えた3WAY授乳ブラ グレー

助産師さんと考えた3WAY授乳ブラ グレー

肌あたりにこだわり、アンダー部分は赤ちゃんの肌着のように縫い代が外側です。
妊娠・授乳期のお肌が敏感な時期も快適な着け心地。

【ノンワイヤー】 らくらくオープン授乳ブラ ボーダー ブラック

らくらくオープン授乳ブラ ボーダー ブラック

やわらかくなめらかな肌ざわりのモダール混ストレッチ素材。
片手でさっとおっぱいが出せるクロスオープンと、添い寝でも授乳しやすいサイドオープン。

ずっと快適ブラ ピンク

ずっと快適ブラ ピンク

クロスオープンタイプ。カップ上辺がよく伸びて、片手でサッと簡単に授乳できます。
カップ下の縫い目がないから、よく伸びてラクな着け心地。

このページの上部へ