トイレ・トレーニングの 進め方

トイレ•トレーニングをはじめる前に

トイレ・トレーニングは、早く始めたら早く成功するわけではありません。体と心の準備が 整っていなければ、いくらがんばってもうまくいかないもの。
準備が整う時期は、個人差がかなりあります。 まわりと比較しないで、お子さまに合せたタイミングで親子で楽しく始めましょう。

トイレ•トレーニングスタートの目安

①自由に歩ける。

②自由に歩けて、おまるやトイレに座れる

③おしっこやウンチが出た、
と言葉で表現できる。

④おしっこの間隔が、2時間以上あく。
2時間以上、膀胱に尿を
ためることができる。

トイレ•トレーニングのステップ

STEP1 まずはトイレに興味をもつことからスタート!

いきなり今日から始めるぞ!と大人が気負いすぎるとお子さまはかえってとまどってしまいます。
遊びの中でトイレやおまるに座ってみたり、ママやパパと一緒にトイレに連れていってみたりしながらトイレに興味をもつことから始めましょう。

STEP2 生活の区切りでトイレにさそってみましょう!

トイレに興味を持ち始めたら、朝起きた時やご飯の後、寝る前など生活の区切りでトイレにさそっておしっこやうんちをさせてみましょう。
無理におしっこをさせなくても大丈夫。座ることができたらほめてあげることが大切です。

STEP3 おしっこサインを
見逃さず、
声かけを
しましょう

排泄コントロールができるように体の準備が整ってくると、おしっこの前にもぞもぞしたり、前をおさえたりといったサインが現れます。
サインを見逃さず、「おしっこ出る?」など声かけをしましょう。

STEP4 お子さまからのサインを待ちましょう

トイレに行くことに慣れてきたら、トイレにさそうのをぎりぎりまで我慢してみましょう。
自分でおしっこやうんちがしたくなる感覚がわかるようになり、だんだんとおしっこが出る前にトイレに行きたいと伝えられるようになります。

トイレ•トレーニングのポイント

できたらほめて、失敗しても叱らない!

出る前に教えてくれたら必ずほめることを忘れずに。たとえ出なくて失敗してしまっても、絶対に叱らないようにしましょう。
失敗しても大人が寛容だと「次は頑張ろう」という気持ちになれるもの。根気よくつきあってあげましょう。

トレーニングは楽しく♪

トレーニングの時期は、お子さまに自分の意思や自尊心が芽生えてくる頃。
大人があせって成功させようとするとかえって言うことを聞かなくなってしまうことも。
トレーニングを楽しめるよう工夫して、自分からやる気になれるようにしてあげましょう。

メニュー