いつ起こるかわからない自然災害。赤ちゃんのための備え、どうしてる?

日本は地震が多い国。さらに昨今、台風や豪雨による水害が頻繁に起こるなど、自然災害の脅威を身近に感じるニュースを目の当たりにして心配を感じる場面も多いですよね。

そのため、防災の日を制定したり、避難訓練を行ったり、国や自治体もさまざまな対策をしていますが、個人としても災害への備えはしっかりしたいところ。特に、小さな赤ちゃんのいるご家庭では、赤ちゃんを意識した避難の手段や必要なアイテムを準備しておいたほうが良いですよね。

しかし、備えをしたほうが良いことはわかっているけど、つい後回しにしてしまったり、何から始めて良いのかわからなかったりして、準備が進んでいない人もいるかもしれません。実際には、どのくらいのママたちが災害への備えをしているのでしょうか?

災害への備えはどの程度できていますか?

「あまりできていないと思う」と答えた人がもっとも多く40.1%。「まったくできていないと思う」の15.9%を合わせると、56%と半数以上の人が災害への備えは十分ではないと考えている結果となりました。

さらに、「十分できている」と回答した人はわずかに0.6%とほとんどの人が何らかの不安を感じているようです。
では、具体的にはどのような準備をしているのでしょうか?

防災を意識して準備したり、行っていることはありますか?

もっとも多かったのが「防災用に水を備蓄している(ローリングストック含む)」で、51.3%と半数以上。「防災用に食料品を備蓄している(ローリングストック含む)」も46.8%と半数近くの人が実践していました。お水や缶詰などの加工品を、ローリングストック(少し多めに買っておき、使った分だけ補充して常に一定量を家に備蓄しておくこと)することが浸透してきているのかもしれませんね!

2番目に多かった回答が「緊急持ち出し用の防災バッグを用意している」で47.6%。「ラジオや懐中電灯、乾電池、バッテリーなどを防災用に準備している」人も46.0%と多く、電気などのライフラインが停止する緊急時に必要なものを備えている人も多いようです。

水や食料品、緊急時に役立つアイテムは一般的な備えですが、小さな子どものために具体的に準備しているものはあるのでしょうか?

一番下のお子さまのために、防災を意識して準備したり、購入したものはありますか?

「気にはなっているが、まだ何もしていない」と回答した人がもっとも多く、50.2%と半数以上。「お子さま用の防災は特に意識していなかった」と回答した11.0%の人を含めると、61.2%と多くの人が備えをしていないことがわかりました!災害はいつ襲ってくるかわからないので、少し不安になる結果ですよね。
最近では、自然災害が起こるとニュースやWebなどでも何が不足したのか、どのような対応策が必要だったかといった情報が多く共有されております。備えが重要だということは、ほとんどの方が感じている状況だと思います。
それにも関わらず、なぜ子どものための準備をしていない人が多いのでしょうか?

お子さまの防災の備えに関して、「気になっているが、まだ何もしていない」もしくは、「お子さま用の防災は特に意識していなかった」理由

「何を準備していいかわからないから」と回答した人が67.5%と圧倒的に多い結果となりました。確かに、大人のための防災グッズなどに関する情報はあふれていますが、赤ちゃんのための情報は少ないですよね。何を準備したら良いのか、どこから始めたら良いのか、悩んでいるママやパパが多いようです。
今回のアンケートでは、

「上の子が3才の時に東日本大震災を経験しました。お水がでないことが一番辛かったです。お風呂にも入れず、いろいろな面で清潔を保つ事が大変でした。水をもらって、温めて娘の体を拭いたことを思い出します。お風呂に入らなくても清潔でいたいので、ハンドソープ、マスク、おしり拭き、手口拭き、消毒などは、多めに用意しています。」

「防災バッグの中にはおむつや離乳食衛生用品などを入れています。」

「緊急持ち出し袋に、子ども用のアイテムを入れています。年齢や月齢によって必要なものがかわってくるので、定期的に見直す必要がありますね。」

「子どもの成長は早いです。防災用として離乳食を備蓄すると、いざというときに月齢が超えていそうなので、ローリングストックを心がけています。」

など、具体的な声が寄せられました。ぜひ参考にしてくださいね。

では、赤ちゃんが生まれてから、ママたちの防災への意識はどのように変化したのでしょうか?

お子さまが生まれて(妊娠されて)、防災の意識に変化がありましたか?

「やや関心が高まった」が45.4%でトップ。「関心が高まった」39.0%を合わせると、8割以上のママが妊娠や出産を機に防災への意識が高まったようです!また、今回のアンケートで改めて防災の備えの大切さを感じた、との声も多く挙がっていました。

「防災グッズの準備は必要だと思ってはいましたが、子ども用のおむつやおしり拭きなどまで思い浮かんでいませんでした。そういったところまで準備をする必要があると、今回のアンケートで思いました。」

「アンケートに答えながら、日々の子育てに追われて、災害に対する行動が後回しになっていることに気付かされました。家族のために、しっかり対策しなければいけませんね。」

「出産後に準備しようと思っていましたが、アンケートに回答して出産準備品として防災グッズも用意しなければいけないと気づきました。産後引越しをするので、新しい土地での防災の情報も集めていきたいと思います!」

「近い将来大きな地震が来ると言われていますので、このアンケートを機に防災について考える時間を改めてとろうと思いました。」

自然災害はいつ襲ってくるかわかりません。不意に襲ってくる災害に備えて、防災グッズを準備しているママも多いと思いますが、赤ちゃんのためのグッズは、情報が少なくて何を準備したら良いのか悩んでしまいますよね。
この内容を読んでいただいたことを機会に「お子さまのための備え」を視点にして、ご家庭の防災の備えに関して、ご家族でお話をしたり、グッズの見直しをしてみてくださいね!

関連ページ

関連商品

災害用 授乳カップ

災害用 授乳カップ

洗浄消毒ができない災害時に。通常の授乳ができない場合におすすめのコップ授乳ができる災害用の授乳カップ。

頭をまもる ブランケット

頭をまもる ブランケット

クッション帽子として、ブランケットとして、授乳ケープとして
被災時でも、日常でもいろんなシーンでマルチにお使いいただける3WAYブランケットです。

抗菌・抗ウイルス 機能付き コンパクトベッド

抗菌・抗ウイルス 機能付き コンパクトベッド

新生児から使える抗菌・抗ウイルス機能付きコンパクトベッドは
いつものお昼寝やもしもの避難の時にもいつでも赤ちゃんの居場所がつくれます。

このページの上部へ