洗浄・消毒のやり方を
知っておきましょう!

栄養豊富な母乳やミルクをあげる哺乳びんは、洗浄だけでは不十分!

使った後の哺乳びんは、
すぐに「洗浄」→「消毒」
の2ステップ!

洗浄だけでは、汚れや菌を取り除ききれない可能性があります。
まだ抵抗力が低い時期に使う哺乳びんは特にしっかり「洗浄」と「消毒」をしてあげましょう。

哺乳びんは、使ったあと、まずはすぐに水につけて、汚れがこびりつくのを防ぐだけでもOK!

その後、時間ができた早めのタイミングで、しっかりケアしてくださいね。

ここでは、哺乳びんの洗浄の方法と、つけおき消毒の方法をご紹介します。

1洗浄

用意するもの

  • 哺乳びん用洗剤
  • 哺乳びん用洗浄ブラシ
  • 哺乳びん用洗剤
  • 哺乳びん用洗浄ブラシ
※哺乳びんの素材によって、ブラシを変えましょう。

おすすめグッズ


びん部分を洗う

プラスチック製の哺乳びんはスポンジブラシで、耐熱ガラス製の哺乳びんはナイロンブラシで洗うと、哺乳びんを傷つけず、しっかり洗えます。

  1. びんの内側を上から下までしっかり洗います。
  2. 汚れが残りやすい底部分は、しっかり届くブラシで念入りに洗います。
  3. びんの口付近(肩部分)は、内側も外側もていねいに。
  4. びんの外側を洗います。
  5. すみずみまで洗ったら、流水で洗い流しましょう。
※使った後のブラシは、洗って乾燥させておきましょう。

乳首を洗う

乳首専用ブラシを使うと、乳首のシリコーンゴムを傷つけずにやさしく洗うことができます。

  1. 乳首の内側(裏)部分を、すみずみまでやさしく洗います。
  2. 乳首の先端を指のはらで押さえながら、乳首の穴部分を内側から洗います。
  3. 外側とてっぺんをやさしく洗います
  4. すみずみまで洗ったら、流水で洗い流しましょう。
※乳首をつけるキャップ部分も汚れが残りがち。外側はもちろん、内側はぐるっと洗いましょう。 ※使った後のブラシは、洗って乾燥させておきましょう。

2消毒

用意するもの

  • 哺乳びん・乳首・器具などの消毒液
  • 消毒ケース

おすすめグッズ


溶液を作る

哺乳びんが完全に浸る大きさの容器を用意します。
専用の消毒ケースはコンパクトですが深さがあるので、しっかり哺乳びんを浸すことができます。

容器にミルクポン消毒液などを 水道水で約80倍に薄めて消毒溶液を作ります。

ミルクポン消毒液15ml(キャップ内側の線)で1.2L、45ml(ミルクポン消毒ケースのフタで計量できます)で3.6Lの溶液ができます。

溶液にステップ1でよく洗浄した哺乳びんや乳首を、気泡が残らないように完全に入れます。

哺乳びんの底面を下にして入れると楽に入れられます。

ホコリなどが入らないようフタをして、1時間以上溶液に浸します。

使う直前まで浸けておけるので、保管もできます。

使う直前に哺乳びんや乳首を清潔な手、またはトングなどを使って取り出し、溶液をよく振り切ってから使いましょう。

すすぐ必要はありません。

※消毒溶液は、24時間ごとに新しく作り直しましょう。

薬液消毒は、浸けておくだけなのでカンタン。
使う直前まで溶液に浸けて保管もできるから、再汚染も防げます。

さく乳器も「洗浄」「消毒」をしましょう

さく乳器の部品は、母乳と接触するものがあります。だから、哺乳びんや乳首と同じように使った後はこちらも毎回洗浄・消毒をしましょう。

各部品はバラバラにして、哺乳びんと同じように洗剤を使って洗って、消毒します。

ただし、

・電動タイプの電動部やACアダプター
・さく乳器 電動 ProPersonalのチューブ

など、洗浄できない部品もあります。

さく乳器、どの部品が洗浄・消毒できないの?詳しくはこちら さらに詳しいお手入れの方法、部品ごとの耐熱温度などは取扱い説明書をご覧ください
公式オンラインショップ