おなかの赤ちゃんの発育の葉酸が大切です

葉酸はビタミンB群の一種で、おなかの赤ちゃんの発育を助ける働きをする栄養素です。葉酸が不足すると赤ちゃんに様々な影響があることが知られており、妊娠期はもちろん、授乳期までしっかりとることが大切です。特に、妊娠中の推奨摂取量は妊娠前の2倍、これはなんと加熱したブロッコリー2株分に相当するのです。

葉酸をしっかりとるには食事+サプリメントがおすすめ!

加熱したブロッコリーなら毎日2株が必要!!加熱によって半分近くの栄養量が減ってしまうので、妊娠期に必要な量の葉酸をとるためには、ブロッコリーなら毎日2株とる必要があります。

葉酸をサプリメントでとるといいワケは?

バランスのよい食事でしっかりと栄養をとるのは基本ですが、食事にプラスしてサプリメントで上手に栄養サポートすることが大切です。サプリメントを利用することで、葉酸を手軽に、しっかりととることができます。

ブロッコリーだと1日2株だけど…葉酸カルシウムプラスなら2粒でOK!!かんでおいしい葉酸タブレットCaプラスなら2粒でOK!!

葉酸を食事のみで必要量とるのは難しい!

葉酸には水に溶けやすく、熱に溶けやすい性質があります。このため、調理の過程で約半分に。食事だけで十分な量とるのは、なかなか大変です。このため、食事にプラスしてサプリメントで補うのがおすすめです。

葉酸は水と熱に弱い!

私のおすすめはコレ!

好みに合わせてチョイスできるピジョン葉酸サプリメントシリーズ

水で飲む錠剤タイプと水なしでOKのタブレットタイプ。
状況や好みによって選ぶことができるので、
「続けやすい!」と好評です。

ピジョン 必要な栄養素が一度に取れる葉酸カルシウムプラス かんでおいしい葉酸タブレットCaプラス
ピジョン 必要な栄養素が一度に取れる葉酸カルシウムプラス かんでおいしい葉酸タブレットCaプラス

つわりの時期も飲みやすい錠剤タイプ 葉酸カルシウムプラス

葉酸に加えて、妊娠期に大切な鉄とカルシウムも一度にとれる錠剤。小さな粒なのでつわりの時期でも飲みやすく、妊娠初期からストレスなく続けられます。

小粒なので飲みやすい!

「粒が小さく、においもないので、つわり時期でも飲み続けることができました。これひとつで葉酸だけでなく、鉄やカルシウムもとれるのがいいですね」

イチオシPOINT

「食卓にセットしておいて、朝食後すぐに飲むようにしています。これなら飲み忘れもなく、続けやすいです」
妊娠10ヵ月 横山菜穂子さん

いつでも手軽にとりたいならタブレットタイプ かんでおいしい葉酸タブレットCaプラス

一日に必要な葉酸をお菓子感覚で気軽にとれるタブレット。
妊娠期に不足しがちな鉄とカルシウムも配合しています。錠剤が苦手な人にもおすすめです。

3つの味があるから飽きません!

「グレープフルーツ、青りんご、ヨーグルトの、スッキリさわやかな3つの味。どのフレーバーもおいしくて、楽しみながら栄養素をとれるのがいいですね」

イチオシPOINT※

「ジッパーが付いているので、持ち歩きにも便利。バッグに忍ばせておいて、外出先で口さみしいときにとっています。おいしく手軽に必要な栄養素がとれるのがうれしいです」妊娠9ヵ月 谷村真理さん

人気のヒミツ

1

1日2粒(目安)で必要な葉酸がとれる 葉酸400μg

錠剤もタブレットも、1日たった2粒(目安)で、400µgの葉酸をとることができます※。食事にサプリメントをプラスすることで、しっかりと必要な栄養素をフォロー!

※厚生労働省では、妊娠期の女性は通常の食品に加え栄養補助食品から1日に葉酸を400µgとることをすすめています。

サプリメントは1日の摂取目安量を守りましょう。妊娠期の一日の摂取上限値は1000µgです。

2

鉄・カルシウムも同時にとれる 鉄10μg カルシウム160μg

葉酸はもちろん、妊娠期に不足しがちな鉄とカルシウムもしっかりサポート !
必要な栄養素を一度にとれるので、サプリメントを何種類も飲む必要がありません。

サプリメントは1日の摂取目安量を守りましょう。妊娠期の一日の摂取上限値は1000µgです。

このページの上部へ