パパチチしよう。

2017.01.31

“1日1回の授乳がパパを変える。”

初めてのわが子。パパになったのは嬉しいけど、まだまだ実感がわかない。
どう赤ちゃんと接すればいいの?自分ができることってなに?
なかなかきっかけがつかめなかったパパが、あるとき、1日1回の授乳を決意します。
さく乳した母乳が入った哺乳びんを受けとって、ママといっしょに母乳育児をスタート。

最初は戸惑うパパですが、赤ちゃんへの授乳を経験することで意識が変化し、
育児に対する気持ちや赤ちゃんへの接し方も変わっていきます。

赤ちゃんに接するきっかけがつかめないパパがまだまだ多い日本の育児が、
“1日1回パパが授乳する”ことをきっかけに、こんな風に自然に変わっていってほしい。
そんな願いを込めて、ピジョンは1日1回のパパによる授乳、“パパチチ”を提案します。

“1日1回の授乳がパパを変える。”

パパチチしよう。

※ピジョンは、ママが直接おっぱいをあげられない時に、さく乳器を活用し、保存した母乳を赤ちゃんにあげることを推奨しています。

パパの母乳育児や授乳の参加と、それで起こるいいコトって?

パパの授乳頻度と経験

(有効回答数:293名)

82.9%のパパが、ふだん赤ちゃんに授乳をしていません。
※「全く授乳していない(63.8%)」「あまり授乳はしていない(19.1%)」の合計値

授乳後の変化

(有効回答数:50名)
※「ほぼ毎日(週5~7回)授乳している」「たまに(週3~4回程度)授乳している」と回答した方

授乳をふだんからしているパパの90%が、何かしら意識に変化が起きたという結果に。

また、授乳を経験することで、
★赤ちゃんへの愛情が深まった(70%)
★育児に対して積極的になり、「授乳以外の育児も積極的にするようになった(54%)
など、嬉しい変化がたくさん!

【調査概要】

  • 調査目的:授乳と卒乳についてのアンケート
  • 調査方法 :アンケート調査 ※ピジョンホームページ・ピジョンFacebookページにてサンプル募集
  • 調査対象:授乳中(母乳やミルクをあげている)の男女
  • 有効回答数 :293 名
  • 調査期間 :2016 年 12 月 23日~ 2017年 1 月 16 日

パパチチしよう。
制作記念レポートも!

パパチチしよう。 | コモドライフ

こちらもオススメ

先輩パパ2人に聞いてみた 母乳育児が僕たちをパパにしてくれた

授乳を経験するとパパのキモチってこう変わる!
ぜひオススメしたい、パパの母乳育児。

プレパパが先輩パパに聞いてみた 教えて!パパの母乳育児のココロエ

意識が変われば育児が楽しくなる!
パパになるなら知っておきたい
母乳育児のココロエ。

TOPIC あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめ商品

“パパチチ”しようかな-1日1回パパ授乳

2017.02.23

きっかけは、友達の結婚式への出席だった。
娘と数時間離れ離れになるので、搾乳器で母乳を搾乳して、
哺乳瓶で夫にあげてもらった。

初めての授乳は、想像以上に楽しかったらしい。
哺乳瓶で母乳を一生懸命に飲む娘の表情が、
かわいくて仕方なかったそうだ。
以来、休日のたびに授乳をするようになった。

そして今日、1日1回授乳宣言が出た!
「最近は、1日1回パパが授乳することを、“パパチチ”って言うんだって。
オレも、“パパチチ”しようかな」
と。

里帰り出産から戻ってすぐの頃は、オムツ替えも渋っていた夫が!
泣いている娘を尻目に、スマホを見ていた夫が!
抱っこ紐はオレの美学に反すると言っていた夫が!

大切な娘をふたりで一緒に育てていきたいという目標に、大きく近づいたと思った。

パパチチしよう。

“1日1回の授乳がパパを変える。”

TOPIC あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめ商品

パパはデキるヤツ

2017.02.20

友達の結婚式参列のために、久しぶりに一人で外出した。

3才のお姉ちゃんと生後3ヵ月の弟は、パパが見てくれている。
心も体も身軽すぎて、思わず鼻歌が出そうなほど。

何だか独身時代に戻ったみたいだ。

…と、そんな思いも束の間。式が進むに連れて、
子どもたちのことが気になって仕方ない。

寂しがってないかな。
お腹すかせてないかな。
泣いてないかな。

そのとき、パパからメッセージと画像が届いた。
「3人でウナギを食べに来ています♪」

電車を乗り継がないと行けない鰻専門店。
子連れNGではないし、座敷席はあるけれど、
客層やお店の雰囲気を考えると、 敬遠してしまうようなところ。
まさか乳児と3才児を連れて行くなんて!

しかも
搾乳した母乳を「どうだ!」と言わんばかりにあげている。
「小骨はちゃんと取ってあげたよ」だって。

くぅ~、デキるヤツめ!
悔しさ半分、称賛半分。

ホッとしたら、食欲がわいてきた。
肉厚のステーキを、むしゃむしゃと頬張った。

パパチチしよう。

“1日1回の授乳がパパを変える。”

TOPIC あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめ商品

授乳のよろこび

2017.02.09

きっかけは私の体調不良だった。
高熱でフラフラしながら授乳する姿を見た夫が、
「おれが授乳を代われればいいんだけど」
と一言。
こういうときのために、哺乳瓶を買うことにした。

そしてついに、私は搾乳デビュー。
夫にとっては、記念すべき母乳育児デビューの日となった。

まずは赤ちゃんの抱き方からレクチャー。
赤ちゃんの目を見てスキンシップをとりながらあげてね、
とリクエスト。

おっぱいからしか飲んだことがないので心配したけれど、
いつも通り吸いつくと、すぐにゴクゴクと喉をならした。

自分の手から一生懸命飲む赤ちゃんをうれしそうに見つめる夫。
今までで一番やさしいまなざしだった。

それからというもの、仕事が休みの日は自分から
「授乳しようか?」
と言ってくれるように。

週末に搾乳するのが、私の幸せな習慣になった。

パパチチしよう。

“1日1回の授乳がパパを変える。”

TOPIC あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめ商品

プレゼント

2016.12.19

「ちょっと早いけど、クリスマスプレゼント」
と、夫から手渡されたのは、さく乳器だった。

「これがあれば、俺も哺乳びんで授乳できるみたいなんだ。
そうすれば、出かけることもできるだろ」

先日、ちょっぴり鬱憤が溜まった私が
「たまには一人でお出かけしたいなー」
と言っていたのを、覚えていたんだね。

職場の先輩ママから聞いて、
今年のプレゼントはこれだ!と思ったらしい。

恋人時代のように、アクセサリーとかバッグじゃなくて、
まさかのさく乳器。

不器用だけど、心やさしい夫らしいセレクトだと思った。

TOPIC あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめ商品

ちょっかいを出す夫(生後7ヵ月)

2016.11.28

先日7ヵ月になった娘。
お座りが上手になりだいぶ安定してきました。
ずりばいも果敢にチャレンジします!

下の前歯も生え、おっぱいをあげているときに噛まれて
「痛い!」って叫ぶ回数も増えてきました(笑)。

日々成長する娘を見るのは本当にうれしい!

それはもちろん、夫も同じです。
でもどっちがデレデレ?と聞かれたら間違いなく夫だと思います。

基本的にどんなときも夫は娘にデレデレですが、
夫が大好きな娘のしぐさのひとつがおっぱいを飲んでいる姿なのです。

私が授乳をしていると近づいてきて、ジロジロ娘を見にきます。
おっぱいを飲んでいる娘の足の裏をコチョコチョします。

授乳中に私の回りをウロウロしてちょっかいを出すので
「もう!」ってイラっとするときもありますが(笑)、
便利なこともあります。

それは喉が乾いたとき、すぐにお茶を持ってきてくれるということです。

おっぱいを飲んでいる姿は確かにかわいいけど、
授乳中にジロジロ見られるのはちょっと…。

だから最近では、さく乳をした母乳を哺乳びんに入れて、
夫にあげてもらうようにしています!

TOPIC あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめ商品