パパチチしよう。

2017.01.31

“1日1回の授乳がパパを変える。”

初めてのわが子。パパになったのは嬉しいけど、まだまだ実感がわかない。
どう赤ちゃんと接すればいいの?自分ができることってなに?
なかなかきっかけがつかめなかったパパが、あるとき、1日1回の授乳を決意します。
さく乳した母乳が入った哺乳びんを受けとって、ママといっしょに母乳育児をスタート。

最初は戸惑うパパですが、赤ちゃんへの授乳を経験することで意識が変化し、
育児に対する気持ちや赤ちゃんへの接し方も変わっていきます。

赤ちゃんに接するきっかけがつかめないパパがまだまだ多い日本の育児が、
“1日1回パパが授乳する”ことをきっかけに、こんな風に自然に変わっていってほしい。
そんな願いを込めて、ピジョンは1日1回のパパによる授乳、“パパチチ”を提案します。

“1日1回の授乳がパパを変える。”

パパチチしよう。

※ピジョンは、ママが直接おっぱいをあげられない時に、さく乳器を活用し、保存した母乳を赤ちゃんにあげることを推奨しています。

パパの母乳育児や授乳の参加と、それで起こるいいコトって?

パパの授乳頻度と経験

(有効回答数:293名)

82.9%のパパが、ふだん赤ちゃんに授乳をしていません。
※「全く授乳していない(63.8%)」「あまり授乳はしていない(19.1%)」の合計値

授乳後の変化

(有効回答数:50名)
※「ほぼ毎日(週5~7回)授乳している」「たまに(週3~4回程度)授乳している」と回答した方

授乳をふだんからしているパパの90%が、何かしら意識に変化が起きたという結果に。

また、授乳を経験することで、
★赤ちゃんへの愛情が深まった(70%)
★育児に対して積極的になり、「授乳以外の育児も積極的にするようになった(54%)
など、嬉しい変化がたくさん!

【調査概要】

  • 調査目的:授乳と卒乳についてのアンケート
  • 調査方法 :アンケート調査 ※ピジョンホームページ・ピジョンFacebookページにてサンプル募集
  • 調査対象:授乳中(母乳やミルクをあげている)の男女
  • 有効回答数 :293 名
  • 調査期間 :2016 年 12 月 23日~ 2017年 1 月 16 日

パパチチしよう。
制作記念レポートも!

パパチチしよう。 | コモドライフ

こちらもオススメ

先輩パパ2人に聞いてみた 母乳育児が僕たちをパパにしてくれた

授乳を経験するとパパのキモチってこう変わる!
ぜひオススメしたい、パパの母乳育児。

プレパパが先輩パパに聞いてみた 教えて!パパの母乳育児のココロエ

意識が変われば育児が楽しくなる!
パパになるなら知っておきたい
母乳育児のココロエ。

TOPIC あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめ商品

パパチチしよう:二人三脚で混合授乳

2017.05.22

神奈川県・山崎様のお話
お子さま:千歌ちゃん(生後17ヵ月)

わが家は新生児から卒乳まで、母乳とミルクの混合でした。

娘はとくに飲みっぷりがいい方ではなく、また、私も母乳がたくさん出るタイプではなかったので、
搾乳などはせずに、その時どきの状況で母乳かミルクをあげるようにしましたね。

母乳とミルクの混合で育てようと思ったのは、パパが積極的に育児に参加するきっかけになると思ったから。

母乳育児一本にするか、混合にするかを夫婦で話しあい、生まれるまえから混合にしようと決めていました。

娘はいっとき、哺乳瓶をいやがってしまう時期がありました。
以降哺乳瓶をうけつけなくなってしまったらどうしよう、とあせりましたが、
嫌がっている日にも、娘に根気よく瓶をみせ続けたところ、また自然に哺乳瓶でミルクを飲むようになり、ホッとしたことを覚えています。

授乳を母乳とミルクの混合にして、よかったことがふたつあります。

まずひとつめは、私の体調が悪いときに、
「パパ、お願い!」
と、夫に授乳をお願いできたこと。
寝不足になりがちで、体調を崩すこともある授乳の時期に、これはとても心強いサポートでした。

パパチチ中

そしてふたつめは、外出先が母乳をあげづらい場所だったらミルクを準備すればすんだので、心身ともにラクだったこと。
外出にも、積極的になれたと感じています。

ママじゃないとできない、ということが少し減るというのは、子育て中のママにとって、とても大きなものです。
体の面ももちろんですが、メンタルの面でも、ひとつ力強い後ろ盾をもった気持ちで、のびのびと子育てができると思います。

出生のときに2666グラムと少し小柄だった娘は、ゆるやかながらすくすくと成長!
成長にあわせて、与えるミルクもかえていきました。
まず生後9ヵ月に、育児用ミルクからフォローアップミルクへきりかえました。
その後、フォローアップミルクから牛乳へかえたのは、卒乳を考えていた1才のときです。

混合授乳にしたことについては、今でも、夫と
「協力しながらふたりで育児ができてよかったね」
と話しています。
そして今は、長く愛用した哺乳瓶からの卒業をめざしているところです。

家族でパチリ

TOPIC あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめ商品

1日1回パパ授乳~パパチチ効果

2017.05.11

「へぇ。1日1回、パパが授乳することを
“パパチチ”って言うんだー」
インターネットの子育て系ニュースを見ていた妻が関心しながらつぶやいた。

それがきっかけで、わが家でも妻の代わりに1日1回、
僕が息子に授乳するようになってから1ヵ月が過ぎた。

パパチチしてよかったことは、いくつもある。

まず、寝不足でヘトヘトだった妻の体調が回復したこと。

妻があらかじめ搾乳しておいた母乳を哺乳瓶で授乳するときの、
僕に向けられた息子の眼差しが愛おしくてたまらないこと。

そして、息子を抱っこしているとき、心から安心し、
僕に全てを委ねてくれるようになったこと。

今日もパパチチの後、僕の胸にペタッと張り付いてトローンとする息子。
じき眠りにつくことだろう。

日曜日の静かな午後。
心から、幸せだと感じた。

TOPIC あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめ商品

真夜中の授乳

2017.04.13

目が覚めて時計を見たら、午前2時を回っていた。

かすかな明かりの漏れるリビングを覗くと、
哺乳瓶で息子に授乳する夫の姿があった。
「あれ、起きちゃった? 寝てていいよ。もうすぐ飲み終わるから」
「ありがとう」
2、3言会話を交わしてふすまを閉め、再び布団に潜り込んだ。

息子の夜泣きが続き、寝不足で疲れ切った私を案じた夫が
夜中の授乳を引き受けてくれるようになって1週間が経った。
仕事で遅くなっても、疲れていても、搾乳しておいた母乳を解凍し、
毎晩授乳してくれている。
「今までひとりで眠っていてごめん」
そんな言葉までかけてくれるようになった。

ママ友に話したら驚かれた。
そりゃそうだ。
私だって驚いている。
そして一番驚いているのは、夫自身。

彼いわく、息子を抱っこしてコミュニケーションをとりながら
授乳することで愛情ホルモンであるオキシトシンの分泌が
促されているから……と分析しつつも、

今、人生で一番幸せなんだそうだ。

TOPIC あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめ商品

【1日1回パパ授乳】「パパチチ」デビュー

2017.03.27

今日は、4月から職場復帰する妻の復帰前面談だ。
久しぶりにスーツにパンプス姿で出勤する後ろ姿は、
緊張半分、喜び半分といった感じだった。

有休を取った僕は、娘のお守り。
どうやらお腹をすかせたようなので、授乳の時間としよう。
何日も前から手順はシミュレーションしていたから大丈夫。
手を洗って、妻が搾乳しておいてくれた冷凍母乳と哺乳瓶を用意した。

記念すべき、パパチチデビューの日。
娘がおいしそうに飲んでくれる様子を想像したら、
ワクワクしてきた。

TOPIC あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめ商品

【私の母乳育児】パパチチしよう。(生後3ヵ月)

2017.03.09

一緒に遊ぶのはもちろん、オムツ替えからお風呂まで、夫は赤ちゃんのお世話に積極的!

お風呂では大きな手で抱っこしてくれるので息子も安心みたいです。
それにオムツ替えも声をかけながらすばやく行うので、本当に助かっています。

でもやっぱり寝かしつけはできません。
というかやろうとしないのです。
夜、息子が泣いてもまったく起きません。

「寝かしつけは授乳、授乳はママ」
と思っているからだと思います。
世の中のパパもあまり授乳はしないみたいですね。

だから、哺乳瓶を買い、搾乳をして、
「授乳してみる?」
と夫に言ってみました。

普段育児はしていても、授乳は初めての経験。
夫は最初、少し緊張しながら搾乳をしたおっぱいを息子にあげていました。

まだまだうまくできませんが、赤ちゃんが上手にげっぷができるようにとがんばっています。
最近では「かわいい~」と授乳しているときの夫の表情にも変化が出てきました。

私が楽になるというのもありますが(笑)、授乳を通じて今までとはまた違う感情が生まれ、
もっともっと夫と息子が仲良くなれたらいいな!

TOPIC あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめ商品