新着記事を
Twitter
お知らせ!

母乳育児は赤ちゃんとの大切な触れ合い

東京都・浅井さんのお話
お子さま:まなみちゃん(1才7ヵ月)

初めて赤ちゃんに授乳する時、母乳は出るだろうか?おっぱいを飲んでくれるだろうか?といった不安ってありませんでしたか?
私もそうでした。でも何度経験しても変わらないのが、赤ちゃんに授乳できるという喜び。

生まれて間もない赤ちゃんが、頑張っておっぱいを吸う姿は可愛らしく、見ているだけで感動の涙がこぼれます。
入院時の助産婦さんによる母乳マッサージは、私の場合は痛みを感じる時もあり、別の意味でも涙ものでしたが…。
おっぱいを飲んだ後の安心しきった寝顔を見ると、その痛みも忘れ何ともいえない幸せに包まれました。

経産婦である私には、退院した後にもう一つの楽しみが待っていました。
それは兄妹と新しく迎える赤ちゃんの初対面です。

感動的な瞬間になるかと思いきや、一言でいえば「オモチャ扱い」。
手はどこにあるの?足は?小さい!寝ている?起きないの?と、頬や足をつつく2人に「寝かせておいてあげて!」といったのを覚えています。

この先どうなるものかと不安に駆られました。
しかし、お兄ちゃんもお姉ちゃんもたくさんの「初体験」を抱えているのです。
その一つが「ミルク」でした。
これまでに育児では、私は完全母乳だったので、基本的に哺乳瓶は1本のみ。
子ども達が赤ちゃんにミルクをあげる時に使用していました。

できあがったミルクを渡し、まず赤ちゃんの抱き方から指導。
最初は赤ちゃんの口に、どう哺乳瓶を入れてあげたら良いのかわからず、哺乳瓶の重さに腕が疲れてしまう場面も見られました。
ミルクをあげている時は、ふんわり笑顔。私もこんな顔をしているのかな?

ミルクをあげる

母乳を赤ちゃんに与えていると、子ども達もその姿を覗きに来ます。
赤ちゃんがおっぱいを飲む姿は、不思議と見ていても飽きないもの。
それはなぜなのだろうと考えた時、きっと命を育む温かさがそこにあるからだと私は思います。

眠気に襲われたり、栄養面に気をつかったり、休む間もない母乳育児。
しかし、母乳は赤ちゃんとママ、家族を繋げる大切な役割を持っているのです。

卒乳までの期間は意外と短いもの。この短い幸せな時間を、存分に楽しみながら大切に過ごしていきたいと思います。

関連キーワード

TOPICS あなたにおすすめの記事

RANKING ランキング

  • 授乳中の行動力のヒミツ

    2016.11.10
  • 母乳育児 先輩ママ・パパに聞いてみよう。

    2016.08.05
  • 母乳育児をもっと楽しく、もっと自由に。授乳中の...

    2021.08.06
  • 二人三脚で混合授乳

    2017.05.22
  • はじめてのお留守番(生後5ヵ月)

    2016.09.21

RECOMMEND おすすめ商品

  • 母乳実感 哺乳びん(プラスチック製 アニマル柄)160ml

  • 母乳実感 哺乳びん(耐熱ガラス製)オレンジイエロー160ml

  • 調乳ポット

  • ピュアウォーター2L