母乳育児お役立ちメニュー

第14回:調乳してみよう - さく山さんの母乳育児講座

粉ミルクをつくるときのポイントを説明します

粉ミルクをお湯で溶いてミルクを作ることを、調乳といいます。

ポイントは、消毒した哺乳びんや乳首を使うこと、必ず手を洗ってからなど、衛生面に気をつけることです。

ミルクの量は表示に従い、濃くしたり薄くしたりしないようにしましょう。

調乳には一度沸騰させて調乳適温(70℃以上)に調整したお湯を使います。(ヤケドにご注意ください。)

粉ミルクの作り方を説明します

1.粉ミルクを量っていれる。

2.いちど沸騰させてから調乳適温に調節したお湯を入れる。

3.哺乳びんのびん底が円を描くように回し、ミルクを溶かす。

4.できあがり量までお湯を足す。

5.人肌ぐらいまで冷ます。

6.腕の内側で温度をチェック。

※乳首が丸穴の場合は、調乳した後、哺乳びんを下に向けるとはじめはミルクが勢いよく出てきます。ミルクがポタポタと落ちるようになってから、赤ちゃんに飲ませてください。

★母乳・授乳の基礎知識が満載

その他の母乳・授乳の基礎知識一覧はこちら

関連キーワード

TOPICS あなたにおすすめの記事

RANKING ランキング

  • 第18回:哺乳びんの乳首、選び方・替えドキって?-...

    2016.07.25
  • 第20回:哺乳びんの中の泡ってどうしてできるの?-...

    2016.09.15
  • 第29回:哺乳瓶のサイズのギモン「大は小を兼ねる...

    2018.02.02
  • 第28回:哺乳瓶の選び方「ガラス製とプラスチック...

    2017.12.28
  • 第15回:洗浄・消毒のこと - さく山さんの母乳育...

    2016.03.03

RECOMMEND おすすめ商品

  • 母乳実感 哺乳びん(プラスチック製)オレンジイエロー160ml

  • 調乳ポット

  • ピュアウォーター2L

  • ミルカー