母乳育児お役立ちメニュー

オーストラリアでの母乳育児

オーストラリア在住・スノードン様のお話

お子さま:咲莉[エミリー]ちゃん(生後34ヵ月)

娘は、すくすくと成長してくれました。

母乳で育てていてよかったと感じたのは、生後4ヵ月で、主人の母国オーストラリアに移住したとき。

飛行機のなかや移動中など、どこでも母乳をあげることができたこと。
娘が健康そのもので、風邪などひかずに過ごせたのも、母乳のおかげかな?と思っています。

逆に大変だったことは、母乳をあげはじめたころの乳頭の痛みや、突然の乳腺炎です。

海外の食事は、和食よりカロリーが高くなりがち。
主食でお米をあまり食べない習慣に加えて、ポテトフライ、チーズそして甘いチョコレートを食べることが多いんですね。

私はつまりやすくて、食べ物に関しては、できる範囲で気をつけていましたが、
母乳育児をはじめて間もないころは、40度近くまで熱が上がってしまい胸はパンパン、
カチカチの石のようになることがあり、泣きたくなるほどでした。

無理やりおっぱいをあげようとしても痛いので、搾乳器を使ってしぼっていました。
(※医師・助産師などの指導のもと、お使いください)

ただ、育児全般についていえば、オーストラリアの環境は育児がしやすく、その点には救われています。

子育ては初めてでも お国柄で、赤ちゃんがいるだけで皆がとても笑顔で親切に、対応してくれるんです。

合わせて、「こうでなくてはいけない」というような、日本の育児書みたいな物がないので、
細かいことはあまり気にせず、楽しく子育てができます。

慣れない育児は、迷ってしまったり、心細くなってしまったりしがちですが、
私はここ、オーストラリアで子育てをしているおかげで、おおらかに、のんびりと子育てができています!

咲莉[エミリー]ちゃん

★母乳育児や授乳にまつわる情報が満載

その他の母乳育児に関する記事一覧はこちら

関連キーワード

TOPICS あなたにおすすめの記事

RANKING ランキング

  • ママが直接おっぱいをあげられない時は

    2017.08.01
  • 第16回:自分のおっぱいを知ろう!

    2016.06.20
  • 母乳育児で折れかけていた私へ

    2017.06.19
  • 第17回:おっぱいにもスキンケアが大切- さく山さ...

    2016.07.04
  • 第7回:母乳不足かなと思ったら - さく山さんの母...

    2016.03.03

RECOMMEND おすすめ商品

  • さく乳器 母乳アシスト 電動Pro Personal (プロパーソナル)

  • さく乳器 母乳アシスト 手動

  • 母乳実感 哺乳びん(プラスチック製 アニマル柄)160ml

  • 母乳パワープラス90粒