新着記事を
Twitter
お知らせ!

おっぱいの傷

「これはひどい! おかあさん、痛かったでしょう」
助産師さんが心底同情した面持ちで、やさしく声を掛けてくれた。

なかなか吸わせ方や抱き方のコツがつかめず、産後すぐにおっぱいに
傷ができてしまった。

それでも痛みをガマンしながらだましだまし授乳していたのだけど、
ついに耐えられなくなり、出産した産院の母乳外来を訪れた。

「傷が癒えるまで、さく乳器を使ってみたらどうかしら」
授乳が苦痛になっていた私にとって、それはまさに、天の声だった。

「授乳を繰り返すうちに乳首は柔らかく伸びるようになっていくし、
赤ちゃんの口も大きくなっていきますから、上手に吸ってもらえる日は
必ず来ますよ。だから今は、傷を治すことに専念してくださいね」
助産師さんの、この言葉に救われた。

それから数日。
息子は哺乳びんにも慣れ、さく乳した母乳を飲んでいる。
おっぱいの傷は、だいぶよくなってきた。

傷が一番ひどかったときは、あまりの痛さに母乳育児をあきらめかけたけれどー。
今、こうして母乳を飲ませてあげられることが、本当にうれしい。

★母乳育児の体験談が満載

その他の母乳育児体験談の一覧はこちら

関連キーワード

TOPICS あなたにおすすめの記事

RANKING ランキング

  • 第16回:自分のおっぱいを知ろう!- さく山さんの...

    2021.02.08
  • 授乳トラブル対策グッズ「乳頭クリーム」の正しい...

    2021.01.21
  • 母乳が出すぎてつらい!母乳が出すぎる原因と対処...

    2021.03.11
  • 新生児の吐き戻しはなぜ起こる?原因と予防方法や...

    2021.01.14
  • 母乳育児で乳首が切れるのはなぜ?切れたときの正...

    2021.08.27

RECOMMEND おすすめ商品

  • 母乳実感 哺乳びん(プラスチック製)オレンジイエロー160ml

  • リペアニプル(乳首・乳房などのケアにも)10g

  • ピジョン母乳アシスト さく乳器 手動(manual)