新着記事を
Twitter
お知らせ!

第3回:ママと赤ちゃんをつなぐ哺乳 - さく山さんの母乳育児講座

母乳ってなぜ出るのか知っていますか?

実は赤ちゃんが乳首を吸うと母乳のスイッチがONになります。

赤ちゃんが乳首を吸った
刺激がママの脳下垂体に伝わって、母乳を作るよう指令を出すホルモン「プロラクチン」と母乳を出すよう指令を出すホルモン「オキシトシン」というホルモンが分泌されます。

おっぱいを吸う刺激が視床下部と下垂体を伝わって母乳を出します

●プロラクチン(催乳ホルモン)
脳の下垂体前葉から分泌され、乳腺組織に働きかけ血液から母乳をつくります。

ママの母性を高める効果もあります。

●オキシトシン(射乳ホルモン)
乳腺の周囲にある小さな筋肉を収縮させて母乳を押し出す働きをします。子宮も収縮させ、胎盤をはがしたり、出血を抑えるなどの産後の母体のサポートも。

赤ちゃんの泣き声を聞いたり、赤ちゃんのことを思うだけで分泌され、母乳を押し出すことがあります。

もし思うように授乳できなくても心配しないで

最初は赤ちゃんもママも初心者なので、うまくいかないこともありますが、授乳を繰り返すことでスムーズになります。

産後早い時期は、赤ちゃんに吸ってもらうほどプロラクチンの分泌量が増え、母乳の生産量も増えます。

★母乳・授乳の基礎知識が満載

その他の母乳・授乳の基礎知識一覧はこちら

関連キーワード

TOPICS あなたにおすすめの記事

RANKING ランキング

  • 「出産したら母乳は出るもの?」妊娠中にしておき...

    2021.09.17
  • おっぱいカレッジWeb講座「母乳育児 とっておきの...

    2018.10.26
  • 第6回:赤ちゃんの成長と飲み方 - さく山さんの母...

    2016.03.03
  • 母乳バンクについて<後編>|ちいさな命を救うた...

    2021.11.10
  • 第27回:母乳をあげた後って歯磨きは必要?- さく...

    2017.11.08

RECOMMEND おすすめ商品

  • 母乳パワープラス90粒

  • 母乳パワープラスタブレット60粒

  • 母乳パッド フィットアップ126枚入

  • 母乳パッド プレミアムケア102枚入