第12回:林先生のお悩み相談Part2:母乳、足りているのかしら?ー中央研究所に突撃取材!

ママのお悩み
「母乳をあげた後、新生児用体重計で測るのですが、体重が増えていません。母乳が足りているのか心配です。」

林先生
「赤ちゃんがすぐに泣くので、何度も授乳しているうちに『母乳が足りているのかな?』と心配になり、こまめに体重を測るママ。とても真面目で一生懸命頑張っているのはわかりますが、もう少し肩の力を抜いて良いんだよ、と言いたくなります。

最近のママはとても勉強家。インターネットなどに情報が溢れているので、こまめにチェックして、1回の授乳でこのぐらい増えなくては、と知識があるんですね。そこで足りないと、母乳が出ていないのでは?と心配になる。右肩上がりに増えていかないと心配になる。しかし、ママが学んだ知識通りではない、イレギュラーの連続が育児なのです。」

ママと赤ちゃん

林先生 「ミルクは0ヵ月から1才までに必要な成分を平均化したものですが、母乳はその時期の赤ちゃんに一番良い成分になっている、とても不思議でありがたいもの。ママの母乳が一番なので、数字や実績にとらわれずに母乳をあげてください。本来、授乳や子育ては楽しいものなのに、数字ばかり見ていると楽しい雰囲気になりにくいでしょ。それは、赤ちゃんにとってもママにとっても悲しいこと。

1ヵ月検診や3ヵ月検診で『うちの子は◯kg体重が増えていないんですけど、何がダメなんでしょうか!?』と質問されることがよくあるんですが、これだけ増えていないとダメ、という規定はありません。

私はそんなママたちによく言うんですよ。『大丈夫です、赤ちゃんは1年後にはそのへんを走り回っていますから』。学んだ知識やマニュアル通りにいかないからこそ、育児は発見がいっぱいで、楽しいんですよ。」

ネットを検索して得た情報や知識通りにいかないからこそ、母乳育児は楽しいんですね!赤ちゃんの個性を見つける気持ちで、リラックスして過ごしましょう♪

次回はいよいよ研究所シリーズ最終回。再び林先生がママのお悩みにズバリ答えます!お楽しみに♪

関連情報

母乳実感®哺乳びんにも哺乳びん乳首にも複数のサイズ展開がある理由

林先生の母乳のお話はこちらでもご覧いただけます!

コモドライフ「商品開発の現場へ!ピジョン商品開発メンバーに聞いてきました!

関連キーワード

TOPICS あなたにおすすめの記事

RANKING ランキング

  • 夜間授乳はいつまで必要?やめていい時期の見極め方は?【助産師が解説】

  • 母乳育児でミルクを足すべきかの判断ポイントと足す量・間隔など足し方のコツ【助産師監修】

  • 離乳食をはじめたら母乳量はどうすればいい?バランスや授乳のタイミングを専門家が解説

  • おっぱいに卒乳ケアが必要な理由を知って、正しく卒乳ケアをしよう【助産師が解説】

  • 母乳やミルクを吐き戻すのはなぜ?予防はできる?受診の目安は?【小児科医が解説】

RECOMMEND おすすめ商品

  • 母乳実感 哺乳びん(耐熱ガラス製)80ml

  • 母乳実感 乳首0ヵ月から/SSサイズ(丸穴) 1個入