母乳育児お役立ちメニュー

おっぱいカレッジWeb講座「母乳育児 とっておきの話」

母乳育児について楽しく学べる、大人気の体験型イベント「おっぱいカレッジ」。産婦人科医である善方裕美先生によるメイン講座の内容をご紹介します。

レッスンスタート!

善方裕美先生による講座の様子

そもそも、なぜ母乳育児が「良いもの」として、おすすめされているのでしょうか?母乳の成分は栄養があるからとか、母親として母乳を与えるのは当然の義務だからとか、いろいろなことが言われますが、栄養的には人工乳(ミルク)で十分なんですね。

人工乳にない母乳のスペシャルなメリットとしては、免疫成分が入っていたり、アレルギー予防になったり、肥満予防になったりすることが挙げられます。また母乳は、その時の赤ちゃんに合った成分が作られる特徴があり、もし早産で生まれてしまったら、その早産児に合った成分が作られるんですよ。

このような「スペシャルミルク」としてのメリットだけでなく、母乳にはママと赤ちゃんの「オキシトシン」と呼ばれるホルモンの相互作用があることがわかっています。

「オキシトシン」は「愛情共感ホルモン」とも言われ、母乳を通じてママと赤ちゃんが愛情共感をやり取りすることによって、栄養は栄養でも「こころの栄養」がお互いに与えられるんです。これは、残念ながら、人工乳ではどうしても与えることができない栄養です。

母乳は、赤ちゃんの要求をすべて満たしてくれます。産まれたばかりの赤ちゃんは言葉を発することはもちろん、表情で気持ちを表すこともできませんが、「ママ来てー!」と泣いてママを呼べば、おっぱいをくれて、いいにおいでおいしい!と満足できます。

善方裕美先生による講座の様子2

ただ、母乳育児はひとりひとり違います。十人十色で、100人いれば100通りあります。マニュアル通りに行かないものですが、それぞれのストーリーを乗り越えながら、赤ちゃんと二人三脚で母乳育児をすることで、自然とコミュニケーションできるようになり、人間関係の土台を作ることができます。

また、ママは赤ちゃんに母乳で栄養を与えていますが、ママも赤ちゃんに母乳を吸ってもらうことにより、おっぱいがスッキリして、子宮の戻りも早くなるんです。

母乳育児がスムーズに確立するまでは、ママの乳頭や乳腺のタイプ、赤ちゃんの口の形、ママの性格、赤ちゃんの性格により、すぐにスムーズになったり、時間がかかったり、それぞれ違います。

また、母乳が出るから母乳育児をしよう!となるのではなくて、母乳を出るようにすることが必要です。ココが大事なんです!母乳は赤ちゃんが産まれたらすぐに出るわけではありません。

善方裕美先生による講座の様子3

では、どうすれば母乳が出るようになるのでしょうか?これは、赤ちゃんに吸ってもらうことが大切です。もし、母乳を一度も赤ちゃんに吸ってもらうことがなければ、ママのおっぱいは一時期張るかもしれません。しかし、そのまま吸ってもらわなければ、数日でシュンとしぼんでしまい、母乳は出なくなってしまうんです。

そうならないためにも、産まれた直後の1ヵ月は、とにかく吸ってもらうこと。吸ってもらうことで母乳分泌ホルモンが増えていきます。

この母乳分泌ホルモンは「プロラクチン」と呼ばれるものですが、これは夜間にたくさん分泌されるんですね。だから、夜の授乳が重要です。授乳は3~4時間おき、と言われますが、最初の1ヵ月は時間や間隔は気にする必要はありません。昼も夜も関係なく、泣いたら吸わせるを繰り返す必要があるので、ハッキリ言って、これは修行です(笑)。

ですが、泣いたら吸ってもらうを繰り返すことで、おっぱいホルモンサイクルが作られていきます。そのうち、赤ちゃんが泣いたらおっぱいが張ってきます。また、おっぱいが張ってきたな?と思ったら、赤ちゃんが吸ってくれます。

おっぱいへの刺激が少ないと、このサイクルが作られないので、最初は本当に大変なんですけど、1ヵ月は「修行」と思って、頑張ってください。

そして、サイクルが作られるまでの道のりは、100人いれば100通りです。赤ちゃんのタイプ、ママのタイプ、パパのタイプ、置かれた環境は、それぞれみんな違いますよね。だからこそ、スマホで得られる情報が、すべてのママと赤ちゃんに当てはまるわけではありません。

100人いれば100通りの、ママと赤ちゃんの二人三脚のストーリーで、母乳育児を楽しんでほしいと思います。

関連キーワード

TOPICS あなたにおすすめの記事

RANKING ランキング

  • 第5回:赤ちゃんが授乳中に寝ちゃったときは?ーピ...

    2017.05.15
  • 第6回:赤ちゃんの成長と飲み方 - さく山さんの母...

    2016.03.03
  • 第4回:どんな状態が「おっぱいを上⼿に飲んでいる...

    2017.04.24
  • 直接授乳ができないケーススタディNo.6 :『出産直...

    2018.11.27
  • 第2回:おっぱいを上⼿に飲めるようになるのはいつ...

    2017.03.23

RECOMMEND おすすめ商品

  • さく乳器 母乳アシスト 電動Pro Personal (プロパーソナル)

  • さく乳器 母乳アシスト 手動

  • 乳頭保護器 授乳用ソフトタイプMサイズ

  • リペア二プル(乳首・乳房などのケアにも)10g