赤ちゃんの健康管理

普段からの健康チェックが大切

赤ちゃんは、体調が悪くても言葉で伝えることができません。
だから、ちょっとした体調の変化にも、大人が早めに気づいてあげることが大切です。
普段から赤ちゃんの様子をチェックして、体調に気をつけてあげましょう。

大人と違う、赤ちゃんのからだ

赤ちゃんは病気にかかると進行が早く、重症化しやすい傾向が

赤ちゃんは体重の約70~80%が水分で、大人に比べて体内の水分量が多くなっています。
そのため発熱や下痢を起こすと体の水分が急速に不足し、脱水症になりやすいのが特徴。
しかも、赤ちゃんの体は様々な器官や機能が未熟。
だから、赤ちゃんが病気にかかると進行が早く、重症化しやすい傾向があるのです。

ママからもらった免疫抗体は、生後半年くらいまで

赤ちゃんはママのお腹の中にいる時に、胎盤を通じてママの免疫抗体をもらいます。
母乳から赤ちゃんに移行する抗体もあり、初乳には特に多く含まれています。
生後しばらくは、ママがかかったことのある病気に対しては抗体があるのでかかりません。
(ママがかかっていない病気や、抗体を移行できない病気にはかかる可能性があります)
しかし、ママからもらった抗体は徐々に減っていき、生後5~6か月頃にはほとんどなくなってしまいます。
その頃には外出も増え、それだけウイルスなどの病原体に接触する機会も増加。
そのため生後半年ごろ以降は、風邪などの感染症にかかりやすくなるのです。

病気の時のホームケアを動画で解説

健康管理のチェックポイント

基本の健康チェック~体温を測り、全身の状態を確認~

1.体温

普段と比べて、高くないか

2.いつもと違う様子はないか

● 機嫌
あやせば反応するか、泣きぐずってばかりいないか

● 食欲
母乳やミルクの飲み具合、離乳食の食べ具合はどうか

● 睡眠
ぐずってばかりで眠らない、逆にずっと眠ってばかりなど、気になることはないか

● 顔色
赤くほてっていたり、青白くなっていたり、変わった様子はないか

着替えやおむつ替えの時に~肌やうんち・おしっこをチェック~

1.肌の様子

・湿疹やおむつかぶれなどがないか
・発疹がないか(発疹から病気に気づくことも少なくありません)

2.うんち・おしっこの状態

・量や回数はいつもと同じか
・色はおかしくないか、下痢便などいつもと違う様子はないか
・うんちやおしっこをする時に痛がる様子がないか

● 健康なうんち
黄色・茶色・緑色

● 心配なうんち
赤色・赤黒色・白色
※生後1週間以内の、のりのつくだ煮のような黒緑色の便は胎便と呼ばれ、心配のないうんちです。

● おしっこ
おむつに赤黒い色が 付いていたら、注意

いざという時に備えて~医療機関、救急箱も確認~

1.医療機関を確認

乳児健診などの機会を利用して、かかりつけの小児科を決めておくと安心。
夜間や休日の救急医療機関も調べておくと、いざという時にあわてなくて済みます。

2.救急箱もチェック

救急箱の中身も、赤ちゃんに合わせて用意しておきましょう。
医薬品や熱ひえシートは赤ちゃん用のものを。はな吸い器、くすりのみなどもそろえておくと便利です。

健康状態を知る手がかり、体温

普段の体温を知っておきましょう

体温で体調を確認するには、普段の健康な時の体温を知っておくことが必要です。
体温には個人差があり、赤ちゃんは概して大人よりも高め。
また、授乳時や泣いた時など、赤ちゃんの体温はちょっとしたことであがりやすい傾向があります。
同じ赤ちゃんでも日によっても微妙に違います。
朝方低めで夕方高めというように、1日の中でも体温が変化しています。
その子なりの体温を大まかにつかむとともに、1日の中の体温の動きも知っておきましょう。

普段の体温を把握するには

・体調のいい時に
・授乳時や泣いた時、入浴後は体温が上がるので避け、できるだけ安静時に
・検温する部位、体温計は同じに
・室温などもだいたい同じような条件下で
・朝・昼・晩など1日3回くらいを2~3日間、測ってみる

熱が出たら

個人差はありますが、おおむね37度5分以上なら発熱と考えられます。
発熱が見られたら、他にもいつもと違う様子がないか、よく注意して体調をチェックしましょう。
また、赤ちゃんは39度以上といった高熱を出すこともめずらしくありません。
これは脳にある体温調節中枢が未熟なためで、必ずしも症状が重いわけではありません。
熱がなくても症状が重いこともあり、熱の高さで症状の重い軽いは判断できないのです。
高熱でもあわてずに、機嫌や食欲など全身の状態を見ることが大切です。
病気によっては熱の出方に特徴的なパターンを示すものがあり、発熱の経過は病気の診断の参考になります。
小児科を受診の際は、いつからどれくらいの熱が出てどう変化したかを医師に伝えましょう。

体温計の種類

体温計にはいくつかの種類があり、種類によって表示体温は微妙に異なります。
発熱かどうか、体温に変化があるかどうかは、同じ体温計・同じ部位で測った体温で比べることが大切です。

皮膚体温計

皮膚から出る赤外線をセンサーでキャッチして測定します。
おでこに1秒タッチするだけで、瞬時に検温できます。

電子体温計

測りはじめの測定値から体温を予測します(予測式)。比較的短時間で測れるのが特長。
時間をかけて実測値を測定することもできます(実測式)。

耳式体温計

耳の中から出ている赤外線をセンサーでキャッチして、体温を瞬時に測ります。
測り方によって誤差が出やすい面があります。

おでこにタッチするだけで瞬時に検温 チビオンタッチ

このページの上部へ