お手入れ

こまめなお手入れで、いつもここちよく

新陳代謝が活発な赤ちゃん。小さなつめ、耳や鼻など、こまかな部分には皮脂や汚れがたまりがちです。
こまめなお手入れで、いつもここちよく過ごせるようにしてあげましょう。
慣れないうちは緊張しますが、だんだん手早く上手にお手入れできるようになります。
お手入れタイムは、赤ちゃんと触れあうコミュニケーションの時間。
「きれいにしようね」「気持ちよくなったね」たくさん声をかけながら、やさしくお手入れしてあげましょう。

赤ちゃんのお手入れ、これが基本

お手入れは、やりやすいタイミングで

お手入れのタイミングは、気がついた時、ママがやりやすい時でOK。
沐浴やおふろの後は、鼻や耳の中が湿って汚れが取りやすくなるのでおすすめです。
着替えやおむつ替えの時、体温を測って健康状態をチェックする時でもいいでしょう。
赤ちゃんが動いたり嫌がってうまくできない場合は、赤ちゃんが寝ている間にお手入れするのも手。

こわがらず、やさしくしっかり

こわがっていると、不安な気持ちが赤ちゃんに伝わってぐずってしまうことも。
動くと危ないからと、緊張して力が入りすぎてしまうのもNG。
こわがらず、やさしくしっかりお手入れしてあげましょう。

明るい場所で汚れをチェック

お手入れする場所は、こまかな部分もよく見える明るいところで。
始める前に汚れの状態をチェックして、お手入れの手順を考えてからスタートするとスムーズです。

完璧にしようと思わないで、こまめに

赤ちゃんの皮ふや粘膜はデリケートなので、やりすぎないように注意しましょう。
赤ちゃんは長い間じっとしているのは苦手です。
お手入れのたびに完璧にきれいにしようと思うのは無理と考えて。
こまめに少しずつ、できるところだけお手入れすればOK。
部分ごとにお手入れのタイミングを分けるのもいいでしょう。

お手入れグッズは、ひとまとめに

お手入れ用品は大人用とは別に、赤ちゃんの小さなつめや耳・鼻にあった、使いやすく安全なものを用意しましょう。
つめきり、綿棒、ベビーオイル、ガーゼなど、こまごましたアイテムがたくさん。
必要なものをひとまとめにしておけば、気がついた時にさっとお手入れできます。

こまかい部分のお手入れのポイント

つめ

1週間に1回くらいが目安。1mmほどのびたら切ります。
つめがのびていると、顔をひっかいて傷つけてしまうことがあるのでこまめに。
おふろあがりはつめがやわらかく、深づめしやすいので避けて。
一気に切ろうとすると切りすぎてしまいがちなので、少しずつ数回に分けて、角を丸くするように切っていきます。

お手入れのやり方をムービーで見る

手のつめ

切る指を、ママの親指と人差し指でしっかりはさんで持ちます。

足のつめ

足を握るようにして持ち、親指で切る指を持ち上げながら切ると安全です。

目は細菌に感染しやすいところなので、お顔のお手入れをする時は最初に。
目やにがついていたら、清潔なガーゼでふきとります。
ぬるま湯につけてしぼったガーゼを、ママの指に巻きつけて。
必ず目頭から目じりに向かって、そっとこすらないようにふきます。反対の目をふく時は、ガーゼの面を変えます。

鼻の粘膜は傷つきやすいので、入り口付近の、見える部分だけの汚れを取ります。
綿棒をゆっくり回転させて、汚れをからめとるように。
大きなかたまりには、ピンセットを使ってもOK。
必ず赤ちゃんの頭を固定して、鼻の奥に入りすぎないように注意します。
鼻水が出る時は、鼻すい器で吸い取ってあげましょう。
固くかたまった鼻水の時は、温かいタオルで鼻をあたためると、鼻水がやわらかくなって取れやすくなります。

綿棒の使い方

(1)鉛筆を持つように、綿棒の根元をにぎります。
(2)綿棒を持った手を赤ちゃんの顔やおなかにあてて、しっかり安定させましょう。

耳のふちや裏側は、ガーゼをママの指にまきつけてふきます。沐浴やおふろの時でもOK。
耳の中は、おふろあがりに綿棒で。耳あかは自然に外に出てくるので、入り口の汚れだけを綿棒の先でぐるりとふきとります。
赤ちゃんの頭を固定して、奥まで入れすぎないように。
湿ったままにするとバイ菌が入りやすいので、乾いた状態を保つようにしましょう。

おへそ

ジクジクしているうちは、毎日沐浴のたびに。
指でおへそを広げ、つけ根部分を消毒液をつけた綿棒で消毒。
へその緒が取れて乾いた後は、おふろあがりに綿棒で目に見える汚れを取ればOK。
綿棒を奥に入れすぎないように注意しましょう。

おうちでさんぱつ、失敗しないコツ

赤ちゃんの髪がのびたら、ヘアカットしてさっぱりさせてあげたいですね。
おうちで上手にさんぱつできるコツをご紹介します。

さんぱつのコツをムービーで見る

明るい場所を選んで

さんぱつする場所は、明るいところを選びましょう。
後始末しやすいように周りのものは片づけ、床にはビニールシートや新聞紙を敷きましょう。

赤ちゃんがリラックスできるように

ベビーチェアに座らせるなど、赤ちゃんが安定した体勢を取れるようにしましょう。
大人が二人いれば、一人が抱っこしてもう一人がカットするという手も。
赤ちゃんがぐずらないように、できるだけリラックスできる状態をつくりましょう。
お腹がすいたり、眠くなったりしない、ご機嫌のいい時間帯を選んで。
お気に入りのおもちゃやビデオなど、赤ちゃんが興味をひかれるものを用意しておくと、ぐずった時にも安心です。

前準備をしっかり

時間がかかると赤ちゃんが嫌になってしまいます。
さんぱつを始めてから手間取らないように、前準備をしっかりしておきましょう。
道具はあらかじめそろえておきます。赤ちゃんの手が届かないよう、置き場所も考えて。
さんぱつバサミ、クシの他、髪をぬらす霧吹きやタオル、後片付け用の掃除機などもスタンバイしておきましょう。
カットの手順も、あらかじめ考えておくとスムーズ。

使いやすい道具を選ぶことが大切

使いやすいハサミを使うとスムーズに手早く、上手にカットできます。
切れ味の悪いハサミでは、髪をはさんでしまったり、仕上がりもうまくいきません。
赤ちゃんはじっとしていないもの。先端が丸いハサミなら、多少動いても安心です。
赤ちゃんに合わせたサイズで扱いやすい、ベビー用がおすすめ。

自然なスタイルに仕上げるには

いきなり切りたい長さにカットしてしまうと短くなりすぎたり、カットラインが一直線にそろいすぎたりします。 まず全体の長さを整えた後で、刃先を使って少しずつ、毛先から徐々に短くするように調節していきます。 髪に対してハサミをタテに入れて、刃先を使ってカットすれば、自然な仕上がりに。 すきバサミを使えば、髪のボリューム調節や毛先に動きを出すこともできます。

このページの上部へ