乳歯ケア

歯が生えはじめたら、乳歯ケア

歯は食べ物をかみくだいて飲み込みやすくし、消化・吸収を助けます。
歯があることで正しく発音できるなど、言葉の発達にも関係しています。あごや顔の形を整える、という役目もしています。
しっかりかむことを覚えるために、とても大切な乳歯。歯が生えはじめたら、乳歯ケアをはじめましょう。

乳歯ケアのポイントを動画で解説

赤ちゃんの歯は、大人と同じ?

乳歯はむし歯になりやすい

乳歯は永久歯より小さい割に歯髄が大きく、歯髄を守る象牙質やエナメル質が薄いのが特徴。
そのため、むし歯になりやすく、いったんむし歯になると進行が早いのです。
しかも永久歯より歯の痛みを感じにくいため、むし歯に気づきにくいという面もあります。

乳歯の生え方

乳歯は、ママのお腹の中にいるとき、妊娠7週頃から作られはじめます。
実際に生えはじめるのは、6~7ヵ月頃。下の前歯から生えてくることが多いようです。
1才過ぎ頃には上下4本ずつ前歯が生えそろい、1才半ごろに奥歯が生えてきます。
上下10本ずつ計20本の乳歯が生えそろうには、2才から3才頃までかかります。
ただ、生える時期や順序には個人差があるもの。なかなか生えないと心配する必要はありません。

むし歯にしない、乳歯ケア

どうしてむし歯になるの?

むし歯の原因は、ミュータンス菌などのむし歯菌。
むし歯菌は口の中に残っている食べかすを分解して歯垢(プラーク)を作り、歯の表面に付いて増えていきます。
歯垢は時間とともに菌そのもののかたまりに変化。そこに食べ物が入ってくると、むし歯菌は糖を発酵させて酸を作り、歯の表面を溶かします。
いったん溶け出した歯も、唾液に含まれるリン酸カルシウムによって元に戻す(再石灰化)ことができるのですが、食べ物が長時間口の中にあると再石灰化が難しくなり、むし歯になってしまうのです。

乳歯がむし歯になると・・・

乳歯がむし歯になると、永久歯にもさまざまな影響があります。
口の中にむし歯菌が増えるため、永久歯もむし歯になりやすくなります。
また乳歯のむし歯を抜くと、両側の歯が寄りはじめて永久歯の生えるスペースが狭くなり、歯並びが悪くなることも。
生えかわるからと油断せず、乳歯の時期からしっかりケアしてあげましょう。

むし歯予防はトータルケアで

乳歯をむし歯から守るには、歯みがきはもちろん、食事や定期健診などトータルなケアが大切です。

● 歯みがき

「食べたらすぐみがく」が理想的。
最低1日1回は、歯みがきで汚れを落として。

● 食事

だらだら食べはむし歯の原因。
食事やおやつは時間を決めて、甘いお菓子やジュースは最小限に。

● 歯科健診

半年に1度くらい、歯科で歯の健康診断を受けましょう。

● フッ素

歯質を強化してくれる、むし歯予防の強い味方。
歯みがき剤はフッ素入りを使いましょう。

● キシリトール

口の中で酸をつくらない甘味料。 砂糖の代わりに用いることで、むし歯予防に役立ちます。

乳歯ケア関連商品を見る

このページの上部へ