赤ちゃんのお部屋

赤ちゃんが快適に過ごせる環境を

赤ちゃんは自分で環境を選べません。
暑さ寒さ、音や光・・・赤ちゃんと大人では、感じ方が違うことがたくさんあります。
大人には予想もつかない行動をするので、意外な場所に危険があることも。
赤ちゃんの立場でお部屋をチェックして、赤ちゃんが快適に過ごせるようにしてあげましょう。

赤ちゃんがここちよく過ごせるお部屋とは

ねんねの場所は

赤ちゃんを寝かせる場所は、自然光が適度に差し込み風通しもよい、赤ちゃんが気持ちよく過ごせるところに。 特にねんねの頃は一日の大半を過ごす場所なので、静かで落ち着ける場所であることも重要です。 以下の点に注意して、快適な場所を用意してあげましょう。

直射日光が当たらないこと

紫外線は、赤ちゃんの目や肌によくありません。

落ちてくるようなものがまわりにないか確認

棚のそばや照明器具の下など、危険な場所は避けて。地震の際の転倒にも注意。

エアコンや扇風機の風が直接当たらないように

ベビーベッドは壁からの冷気を避けるため10cmほど隙間をあけて設置しましょう。

テレビや電話、出入り口の近くは避ける

音や光の刺激が強い場所や、人の行き来が多い場所は 赤ちゃんが落ち着けません。

お部屋の温度、湿度に注意しましょう

赤ちゃんは、体温を調節し一定に保つ力が未熟。大人より気温の影響を受けやすいのです。
新生児期は体温調節機能が特に未熟なので、特に注意が必要です。
赤ちゃんのいるお部屋は、室温に気をつけましょう。
季節にもよりますが、18~26℃くらいが、快適に過ごせる温度です。
ただし、冷暖房のきかせすぎはよくありません。設定温度は控えめに。換気にも注意しましょう。
湿度は50~60%を目安に。
空気が乾燥すると、肌が乾燥したり、のどや気管支なども潤いが不足します。
乾燥する季節には、加湿器や洗濯物の室内干しで調整しましょう。

室内事故を予防して、赤ちゃんに安全な環境を

安全な室内環境チェック赤ちゃんは好奇心のかたまり。興味を持ったものはなんでも触ったり、口に入れたりします。
ハイハイで移動できるようになると、家中を探検。引き出しを開けたり、棚に手を伸ばしたり…大人が思いも寄らない行動をします。
だから、家の中には危険がいっぱい。

ねんねの頃

まだ赤ちゃんが自分で移動することはないので、赤ちゃんの周りを中心に安全をチェック。
赤ちゃんの枕元にぬいぐるみなどを置かないなど、窒息事故に注意を。寝具や衣服にも気をつけましょう。
寝返りする前でも、ベビーベッドやソファーから転落することがあります。
そばを離れる時はベッドの柵を必ず上げておく、ソファーに寝かせたままにして近くを離れないなど、油断しないようにしましょう。

寝返り~おすわりの頃

寝返りを繰り返して、部屋の隅まで移動することもあります。
この頃になったら、赤ちゃんの周りだけでなく部屋全体の安全をチェックしましょう。
危ないものや触られて困るものは赤ちゃんの目に触れないところ、手の届かないところに。
目についたものに手を伸ばしてつかみ、口に入れて確かめようとするので、誤飲事故に注意が必要です。
タバコや洗剤、薬品はもちろん、コインやボタンなど小さなものが床に落ちていないか、赤ちゃんの手の届くところにないか、常にチェックを。

ハイハイ、たっちの頃

ハイハイやつかまり立ち、つたい歩きの頃は、家中すべてがチェック対象です。
おふろ、台所、玄関、階段など、危険な場所には入れないようにフェンスなどでガード。
おふろの浴槽には残り湯をためたままにしないよう注意します。
戸棚や引き出しはセーフティグッズなどで開けられないようにするなどの工夫を。
イスやテーブルによじ登るなど、びっくりするようなところまで手を伸ばしたりもします。
危険なものは油断せずにきちんと片付けるようにしましょう。
やけどにも注意が必要です。炊飯器の蒸気の吹き出し口やポットの転倒に注意。赤ちゃんの手の届かないところに上げておきましょう。
テーブルクロスははずし、熱い飲み物や食べ物は、なるべくテーブルの真ん中に置くように心がけます。

よちよち歩きのの頃

一人歩きができるようになったら、家の中だけでなく家の周囲まで安全に気を配りましょう。
窓の近くやベランダに踏み台になるようなものがあると、転落の原因になります。エアコンの室外機も要注意です。
玄関やサッシ窓の鍵を開閉してしまう恐れがあるので、手が届く位置にある場合は気をつけましょう。
手先が器用になり知恵もついてくるので、セーフティグッズでガードしていても外してしまうこともあります。
定期的にチェックするようにしましょう。

このページの上部へ