赤ちゃんの飲み物

大切な水分補給

大人に比べて体内の水分量が多い赤ちゃん。体重の約70~80%が水分です。
しかも、赤ちゃんは新陳代謝が活発で汗っかき。
また、腎臓機能が未熟で大人のように尿を濃縮させることができないため、尿としてたくさんの水分が排出されてしまいます。
それだけに、赤ちゃんの水分補給はとても大切。
こまめな水分補給をこころがけましょう。

赤ちゃんの水分補給のポイントは

水分補給はこんな時に

赤ちゃんは自分で「のどが渇いた」と言えません。タイミングを見計らって、こまめに水分補給を。

1、普段の生活で

・おふろあがり
・散歩や外遊びの途中や後
・お昼寝などから起きた時
・暑い時

2、こんな様子があったら

・たくさん汗をかいている
・泣いた後
・おしっこの量がいつもより少ない

授乳の前に水分を取ってしまうと、母乳やミルクの飲みがにぶる原因になります。
授乳の直前は避けましょう。 下痢や嘔吐、発熱のある時も、脱水症状を防ぐために水分補給が大切です。
吐き気のある時は、一度にたくさん飲むとまた吐いてしまうので、少しずつあげるようにします。
小児科を受診している時は、医師の指示に従いましょう。

赤ちゃんに適切な飲み物とは?

大人と同じものはNG。 一般の果汁ジュースやイオン飲料は糖質や塩分が多いので、赤ちゃんの未熟な腎臓に負担をかけてしまいます。 必ず薄めてあげるようにしましょう。赤ちゃんの体液の浸透圧に近づけることで、腎臓への負担を減らすことができます。 タンニンやカフェインの含まれる緑茶や紅茶も注意が必要。 赤ちゃんに合わせて作られているベビー飲料なら、手軽で安心です。

こんな飲み物に気をつけて

【カフェインやタンニンが含まれるもの】
・ウーロン茶、緑茶、ほうじ茶(赤ちゃん用はOK)
・コーヒー、紅茶、ココア

【糖分や浸透圧が高いもの】
・果汁100%ジュース
・乳酸菌飲料
・一般向けのイオン飲料(赤ちゃん用はOK)

【赤ちゃんに不向きな成分が入っていないか要注意】
・健康茶、ハーブティー ・ミネラルウォーター

コップ飲み・ストロー飲みのトレーニング

コップやストローで「飲む」のは、「おっぱいを飲む」のとは違う口の動き。

「おっぱいを飲む」は生まれながらに備わった”反射”の働きですが、コップやストローで「飲む」には、練習が必要です。 ストローで飲む時は、唇でストローをとらえて、口をすぼめることで口の中に陰圧空間を作り、その圧力で液体を引き入れます。 ストローと唇の間にすき間があると陰圧がつくれず、上手に飲むことができません。 最初は、飲み口で口をすぼめる練習をして、液体をすすりこめるようにします。 これを繰り返すうちに、徐々に陰圧空間をつくれるようになり、ゴクゴクと連続して飲めるようになります。 ストローも最初のうちは太いもので練習。徐々に細いストローでも連続して飲めるようになっていきます。

4つの飲み口で「飲む」を楽しくサポート ピジョンマグマグ

【ベビー】2・3ヵ月頃~

赤ちゃんが初めて出会う
ハンドルつきカップ

【スパウト】5ヵ月頃~

乳首以外の飲み口に慣れる練習に

【トレーニングコップ】8ヵ月頃~

コップ飲みのトレーニングに

【ストロー】8ヵ月頃~

ストロー飲みのトレーニングに

このページの上部へ