離乳食

離乳食って、なに?

母乳やミルクを飲むことしか知らなかった赤ちゃんが、「食べる」ことを覚え、食事から栄養をとれるようになっていく過程を「離乳」といいます。
その練習期間に赤ちゃんが食べるのが離乳食。
母乳を「飲む」のと固形物を「食べる」のとでは口の動きが違い、練習が必要です。
まずは液体に近いペースト状のものから、少しずつ固さを加えて、徐々に形のあるものへ。
5・6ヵ月頃からおよそ1年くらいの期間をかけて、赤ちゃんの様子を見ながらすすめていきます。

離乳をすすめるとき、大切なこと

「食べる」口の発達を促す

母乳を「飲む」のは生まれながらにできますが、「食べる」という口の動きは学習して覚えていくもの。
上手に離乳をすすめるには、赤ちゃんの口の動きの発達に合わせて、食べる動きを促してあげることが大切です。
ただ食べられればいい、飲み込めればいいという訳ではありません。
その時期の赤ちゃんに合った固さ・大きさのものを、赤ちゃんの口の動きに合わせて食べさせてあげましょう。

赤ちゃん本位ですすめる

大人にも食事の好みや食べる量の違いがあるように、離乳のすすみ具合も赤ちゃん一人ひとりで違います。
早くすすめればいいというものではありません。
月齢はあくまで目安。
赤ちゃんの様子をよく見て、赤ちゃんに合ったペースですすめることが大切です。

食べる楽しみを教えてあげるつもりで

離乳食が始まると、どうしても食べる量やすすみ具合が気になりがち。
手間をかけて作った離乳食を食べてくれないのも、ママにはつらいものです。
でも、「食べさせよう」とあせったり、無理に食べさせようとするのは禁物。
赤ちゃんが「食べるって楽しい!」と感じられるように、お食事タイムを一緒に楽しみましょう。

離乳食のポイント

大人の食事とはさまざまな点で違いがあります。
その時々の赤ちゃんに合った離乳食を毎日用意するのは、とても手間のかかること。まとめて作って冷凍したり、専用の調理用品を活用して、簡単・便利に離乳食作りができる工夫を。手軽に食材やメニューの幅を広げるには、ベビーフードを活用するのも手です。固さや大きさのお手本にもなります。

● 衛生面

赤ちゃんのおなかはデリケート。新鮮な食材を選び、加熱調理が基本。
ママの手はもちろん、食器や調理器具もよく洗って清潔を心がけます。

● 固さ・大きさ

赤ちゃんは離乳食を食べながら、舌、歯ぐき、あごを使って食べ物をかむことを練習していきます。
口の動きの発達段階に合っていることが大切。

● 味つけ

素材本来の味をいかした薄味。赤ちゃんの未熟な腎臓に負担をかけないためです

● 量・回数

1日1回1さじから始め、赤ちゃんの様子を見ながら徐々に量を増やします。

● 栄養面

離乳食に慣れ1日2回食にすすむ頃には、いろいろな味や舌ざわりを楽しめるよう食材を増やしていきます。
さらに、離乳がすすむにつれ、一日の中で栄養のバランスをとれるよう、献立にもバリエーションを。
母乳・ミルクは、だんだん自然に減っていきます。

離乳関連商品を見る

離乳のすすめ方の目安

5・6ヵ月頃になって、こんな様子が見られるようなら、離乳食スタートOKのサインです。

・首がしっかりすわっている
・支えてあげれば、おすわりできる
・周りの人が食事しているとじっと見る、欲しそうな様子があるなど、食べ物への興味が見られる
・スプーンなどを口に入れたとき、舌で押し出す感じが少なくなる

赤ちゃんの体調や機嫌がよく、ママの都合もよいときを選んで、始めましょう。

離乳食作りの基本やすすめ方を詳しく説明

5・6ヵ月頃

スプーンや、母乳・ミルク以外の味に慣れる時期。
なめらかにすりつぶしたおかゆ1さじから始めます。1ヵ月くらいして慣れてきたら、1日2回に。

ワンポイント

はじめは母乳を飲むように口を開けたままなので、食べ物がこぼれてしまいます。
だんだん唇を閉じてゴックンとできるようになります。

この頃の口の動き

舌は前後に動くだけ。舌で口の奥に運んで、ゴックン。

固さの目安

なめらかにすりつぶしたペースト状(ポタージュ)

7・8ヵ月頃

舌でつぶすことを覚える時期。2回食のリズムを安定させます。
食材の幅を広げて、いろいろな味や舌ざわりを楽しめるように。

ワンポイント

口の奥までスプーンを入れてしまうと、つぶさずに飲み込んでしまいます。
食べ物はスプーンの先にのせて、唇でこすり取れるように。

この頃の口の動き

舌は前後に加えて上下にも動き、上アゴと舌でつぶせるように。

固さの目安

指でつまむと簡単につぶれるくらい(豆腐)

9~11ヵ月頃

歯ぐきでかむことを覚える時 期。1日3回に増やして、朝・昼・晩の食事リズムを作ります。手づかみ食べ、遊び食べも始まります。

ワンポイント

固さ・大きさが適当でないと丸飲みしてしまいます。
うまくかめていないようなら、固さ・大きさを変えてみましょう。

この頃の口の動き

舌が前後・上下のほか左右にも動き、歯ぐきでつぶせるように。

固さの目安

指でつまんで軽く力を入れるとつぶれるくらい(バナナ)

12~18ヵ月頃

固さをさらにステップアップして、離乳食卒業へ。 3回の食事に補食としておやつをプラス。栄養の大部分を食事から摂れるようになります。一日の栄養バランスを考えて。

ワンポイント

手づかみメニューは大きめサイズにして、手に持って前歯でかじりとる練習を。 それができてきたら、スプーンを使ってじぶんで食べる練習も始めます。

この頃の口の動き

舌は自由に動き、歯や歯ぐきでかんだりつぶしたりできるように。

固さの目安

指でつまんで、やや強めに力をいれるとつぶれるくらい(肉だんご)

関連ページ

ピジョンベビーフードでつくる 離乳食レシピ
このページの上部へ